英国人が見たサッカー日本代表対米国戦「久保建英は...」「吉田麻也は甘い」「冨安健洋の調子は...」

英国人が見たサッカー日本代表対米国戦「久保建英は...」「吉田麻也は甘い」「冨安健洋の調子は...」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2022/09/24
No image

【写真:Getty Images】

●「冨安健洋の調子はどうかな?」

サッカー日本代表は24日、ドイツで行われるキリンチャレンジカップ2022でアメリカ合衆国代表と対戦し、2-0で勝利した。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

———————————————————

――本日もよろしくお願いします! 所属クラブで好調な久保建英や鎌田大地が先発メンバーに入りました。冨安健洋と酒井宏樹も久々のスタメンですね!

「このメンバーは楽しみです。伊東純也、久保、前田大然の3トップは激しそう」

――日本代表にとって今日の試合は何が重要でしょうか。

「自信と選手間の信頼ですね。結果ももちろん欲しいけど、連係やチームのつなぐ部分も大事だと思う」

「ディフェンスラインも気になります。冨安の調子はどうかな? 吉田麻也はまだ信頼できるかな? 中山雄太は左サイドバックに定着できるかな?」

――試合が始まりました。トップ下が鎌田、左に久保のようですね。

「そうですね。久保はカットインしてくると思います」

――ディフェンスラインの裏に出たボールに反応した冨安が走り勝ちました。

「良かったですね! 日々の練習でトップの選手と戦っているので、フィジカル面でも精神面でも成長していると思います」

●「身体能力ではアメリカ合衆国代表が上だけど…」

――ピンチでしたが、相手のシュートは外れました。フリーでヘディングさせてしまいました。

「吉田のマークは甘かったね。ドイツかスペインだったら失点してしまうシーンだったと思う」

――久保から鎌田へ、惜しいシーンがありました。

「前田のプレッシングがきっかけだったね。これは間違いなく彼の特徴なので」

――日本代表は立ち上がりにも伊東がインターセプトからシュートに持ち込むシーンがありました。ショートカウンターの意識が強いですね。

「そうだね。身体能力ではアメリカが上回ると思うけど、テクニックや技術では日本代表が上。これまでアメリカはボールキープができていないし、日本代表のショートカウンターは印象的です」

――日本代表の連係もよさそうですね。お、敵陣で奪って守田からパスを受けた鎌田がゴールネットを揺らしましたが、オフサイドの判定でした…。

「微妙(な判定)だね…。でもナイスビルドアップとナイスフィニッシュでした。オフサイドじゃないと思う」

――VARのオンリーレビューでオフサイドが取り消されてゴールが認められました!

「やっぱりゴールだった! その前のチャンスを活かせなかったけど、冷静に決め切れてよかったです」

●「ドイツやスペインも困ると思う」

――権田修一がハイボールをキャッチした後に首を痛めたみたいですね。

「清水サポは心配だね。」

――どうやら大丈夫のようです。

「ほっとしました」

――先制した後も日本代表の守備は集中していますね。

「流れは少し遅くなったけど、全然押し込まれていないね。冨安の対応も良いね!」

――前半は1-0で終わりました。

「前半は非常に良かったです。先制点を取ったことも褒めたいですね。日本代表はいいプレーをするのに得点が入らないという試合がよくあるけど、今日はそうじゃなくてよかった」

――理想的な展開です。ワールドカップでもこのような展開になるといいですね。

「もしワールドカップでこのような積極的なプレーができれば、ドイツやスペインも困ると思う」

――前半のアグレッシブの守備を後半も続けられるかがポイントですね。

「アメリカは後半の方が攻めてくると思うので、試合展開は少し変わると思います。その中で日本は冷静に守備を続けて、できるだけポゼッションを保って、チャンスがあれば追加点を狙ってほしい」

●「久保建英は…」「伊東純也はいつもより…」

――後半から町野修斗、伊藤洋輝が入りますね。冨安が右サイドバックに移りました。

「冨安は慣れているポジションですね。町野は前田と全然違うタイプだけど期待したいです!」

――後半15分を過ぎましたが、日本代表の強度は落ちないですね。

「集中してますね。アメリカは何も持っていない。(ワールドカップで対戦するので)イングランド人としては嬉しいね!」

――鎌田に決定機がありましたが決められず。相手GKは素晴らしいですね。

「惜しかったです。今回もアプローチは良かったです」

――久保と伊東が下がり、堂安律と三笘薫が入ります。

「久保はいいプレーを見せました。伊東はいつものようなラストパスやシュートは少なかったかな。(三笘と伊東)は常に前でプレーしたい選手だし、シュートの精度も高いですね追加点を取るチャンスはまだありそう!」

――日本代表に危ない場面がありました。吉田麻也のボールロストからでした。

「そうだね。アメリカはラストサードのクオリティはあまりないから助かったけど、ワールドカップだと少し怖いです」

●今日のようなサッカーをワールドカップでもすべき?

――三笘のゴールで日本代表が追加点を挙げました!

「きた! やっぱりあの男だね! 三笘らしい!」

――試合終了です。2-0で勝利しました。

「非常に良かったですね。日本代表はスタメンもベンチも質が高い選手が多いです。コンディションや調子、相手によってオプションがありそうですね」

――今までと比べてよかったのは何でしょうか?

「立ち上がりから試合終了までずっとゲームをコントロールしたことですね。もちろん追加点を取れたのも大きかった」

――エクアドル戦で期待したいことはありますか?

「今日と同じパフォーマンスが見たいですね。相手のプレーにリアクションするだけじゃなく、最初のホイッスルから積極的なプレーを期待したいです」

――今日のようなサッカーをワールドカップでもすべきだと思いますか?

「もちろん! 引いて守ってカウンターを狙うだけならドイツやスペインに負ける可能性は高い。積極的にプレッシャーをかけてポジティブなアクションをすれば、勝ち点1か3を取るチャンスが増えると思います」

――エクアドル戦にも期待しましょう!

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加