オリックス 6回までにリクエスト“2連敗” 白井二塁塁審のジャッジに2度要求するも覆らず

オリックス 6回までにリクエスト“2連敗” 白井二塁塁審のジャッジに2度要求するも覆らず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/14

◇パ・リーグ オリックスーロッテ(2022年5月13日 京セラD)

No image

<オ・ロ> 初回無死一塁、一塁走者・高部は二盗を決める (撮影・後藤 大輝)

オリックスは6回、1死一塁から、紅林の遊ゴロで一塁走者の宗が二塁封殺された判定に対して、中嶋監督がリクエストしたが、判定は変わらずアウトとなった。

オリックスは初回の守備でも、無死一塁で二盗を仕掛けた高部の盗塁がセーフとなった判定に対してもリクエスト。その際も判定は変わらなかった。高部はタッチをかいくぐったが、頭から滑り込んだ際に二塁を通り過ぎ、遊撃・紅林のタッチのタイミングが微妙だった。

6回までに2度のリクエスト失敗となり、オリックスはこの試合でのリクエストの権利を喪失(延長に入った場合は1回増える)。この日の試合は、白井一行審判員が二塁塁審を務めていた。

ロッテ・佐々木朗希投手(20)が先発した4月24日のオリックス戦で、判定に不服な表情をしたことで白井球審に詰め寄られるシーンが物議をかもしたが、この試合はそれ以来の両者の顔合わせとしても話題となっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加