K-1とNARIAGARIの3vs3対抗戦、負け越したら宮田Pがまさかの坊主に!?

K-1とNARIAGARIの3vs3対抗戦、負け越したら宮田Pがまさかの坊主に!?

  • イーファイト
  • 更新日:2023/11/21
No image

(中央2人、左から)宮田プロデューサーと皇治

12月2日(土)大阪・176BOXで開催される『NARIAGARI vol.3』の追加カード発表会見が21日、都内にて行われた。
今回はK-1とNARIAGARIの対抗戦として3カードが発表。K-1グループから、三宅祐弥(Hacker GYM)、植村真弥(WSRフェアテックス幕張)、YOHAN(T.K.F)が参戦し、それぞれNARIAGARIの来希、カンホサ、平山迅と対戦する。

【動画】三宅が怒涛のパンチ連打でKO!植村の豪快アッパーも

No image

三宅祐弥(左)vs来希

まず、三宅と来希は[NARIAGARIライト級(-65kg)3分1R]で対戦する。三宅は大阪出身のファイターで地下格闘技を経験。無敗のまま21年からK-1グループに参戦すると連続KO勝ちを飾るも、今年3月に岩崎悠斗、6月はTETSUに敗れた。それでも10月はSOULに判定勝利で連敗をストップした。

対する来希は「格闘技で親に恩返ししたい」という想いから、19歳で1年間務めたサラリーマンを辞めて上京。今年2月の『NARIAGARI vol.1』では判定負けも、7月のDEEPとの対抗戦では判定勝利。9月の『NARIAGARI vol.2』で千聖に判定勝利と実力を上げてきた。

会見で来希は「対戦相手は普通に格上だけど、K-1の強さがどのくらいなのかなって自分でも思ってるから楽しみですね。NARIAGARIのコンセプトに合ってるなと思って、今回は下剋上ですね、(相手を)喰ったらオイシイでしかないんで。この勢いで成り上がろうと思ってます」と気合十分のコメント。
一方の三宅は12月4日にHacker GYMをオープンし、自身が代表を務めるという事で皇治に加え、来希とラウンドガールにも招待状を渡した。

No image

植村真弥(左)vsカンホサ

続いて、植村とカンホサが[NARIAGARIヘビー級3分1R]で対決。植村は26歳でキックボクシングを始め、4ヶ月でプロデビュー、29歳でムエタイのWMC日本ヘビー級チャンピオンを獲得した経歴の持ち主。22年5月のKrushでは神保克哉と対戦するもKO負けを喫している。

対するカンホサは格闘技歴15年。地元にパーソナルジムを作るため、自らが広告塔となれるようNARIAGARIに出場している。今年9月の『NARIAGARI vol.2』では、オーディションで激しい言い合いを繰り広げた朝太にKO勝ちを飾った。

会見でカンホサは「ヘビー級でスターになったろうかなと思ってるので、相手は格上かもしれないですけど、NARIAGARIルールでこっちの土俵だと思ってるので、どっちかが倒れるスリリングな試合を見せようかと思います」と意気込んだ。一方の植村は「よろしくお願いします」と短くコメントした。

No image

YOHAN(左)vs平山迅

そして、YOHANと平山は[NARIAGARIウェルター級(-75kg)3分3R・延長1R]で対戦。平山は一撃の強打を武器にK-1、Krushで木村ミノルや山崎秀晃らと数々の激闘を演じ、20年には不可思にも勝利。しかし、その後K-1を脱退しNARIAGARIに参戦すると、全日本空手道選手権大会中量級優勝者の晴也をKOするなど大きなインパクトを残した。9月の『NARIAGARI vol.2』ではISKAインターコンチネンタルウェルター級タイトルマッチ(K-1ルール)に挑むも、モー・アブドゥルマンに敗れており、今回は再起を狙う。

対するYOHANは、初代KROSS×OVERクルーザー級王者。22年からは75kgを主戦場に戦い、同年9月のK-1ではダニロ・ザノリニと拳を交えた。今年3月には松倉信太郎との対戦が決まるも、頸椎ヘルニアで欠場した。

会見で平山は「今年1月にK-1抜けて、こうやって現役のK-1トップファイターと出来るっていうのは面白いなと思って、NARIAGARIのエースとしてバチッと勝って、もう一度K-1、KrushにNARIAGARIファイターとしてカムバックして暴れに行こうかなと思ってます」とコメント。
YOHANは「約1年ぶりの試合なんですけど、この間自分のルーツの韓国で修行を積んできました。今僕めちゃくちゃ強いので、平山選手が怪我しちゃうかなって心配ですね。K-1チャンピオンになる過程として、必ず勝ちに行きます」と意気込んだ。

また、会見にはNARIAGARI・CEOの皇治と宮田充Krushプロデューサーも登壇したが、対抗戦で負け越したら宮田氏が坊主になるという展開に。
「対抗戦で負けたら坊主にしてください」と皇治が宮田氏に提案すると、宮田氏も「負け越したら年内坊主にします」と受け入れた。

勝利するのは、K-1かNARIAGARIか。坊主の行方も注目だ。

<追加対戦カード>
▼NARIAGARIライト級(-65kg)3分1R
三宅祐弥(Hacker GYM)
vs
来希

▼NARIAGARIヘビー級3分1R
植村真弥(WSRフェアテックス幕張)
vs
カンホサ

▼NARIAGARIウェルター級(-75kg)3分3R・延長1R
YOHAN(T.K.F)
vs
平山迅(TEAM ONE)

▶︎次ページは【動画】三宅が怒涛のパンチ連打でKO勝利!植村の豪快アッパーも

【動画】三宅が怒涛のパンチ連打でKO勝利

【動画】植村が豪快アッパーでKO!

◀︎元の記事へ戻る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加