全局参加の“暴れ龍”仲林圭、最終盤で逆転トップ「裏ドラ、めっちゃ乗りましたね」とウキウキ顔/麻雀・Mリーグ

全局参加の“暴れ龍”仲林圭、最終盤で逆転トップ「裏ドラ、めっちゃ乗りましたね」とウキウキ顔/麻雀・Mリーグ

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2023/01/25
No image

リーチ7回、アガリ6回、放銃2回。1月24日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の第1試合を制したのは、卓上で暴れに暴回ったU-NEXT Piratesのルーキー・仲林圭(協会)だった。当試合は起家から赤坂ドリブンズ・丸山奏子(最高位戦)、TEAM雷電・本田朋広(連盟)、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)、仲林の並びで開局。前回4着に沈んだ仲林は、この日も東1局から親の丸山に満貫・1万2000点を振り込み、出鼻を挫かれた。

【映像】ウキウキ顔でインタビューに答える仲林圭

それでも仲林は「恵まれた」という東1局1本場、頭の中でチームメイト・小林剛(麻将連合)の「東ポン」という声が聞こえた中で、「帰れ、帰れ」と振り払いながら、その東を頭にしてリーチ。数巡後に近藤からアガリ牌が零れ落ちると、高目の一盃口は付かなかったものの、代わりに裏ドラが2枚乗り、リーチ・ドラ・裏ドラ2の満貫・8000点(+300点)を即座に回収した。続く東2局では近藤に満貫・8000点を放銃したが、親で迎えた東4局では、「ついてましたね。裏ドラ、めっちゃ乗りましたね」と思わずニヤけるリーチ・一発・タンヤオ・平和・赤・裏ドラ2の跳満・1万8000点を奪取。これで体勢を立て直すと、南3局3本場ではリーチ・七対子・赤の6400点(+900点)、南4局では自身が「決め手」とする丸山のリーチに応戦してのリーチ・ツモ・平和・赤の7800点(+1000点)、南4局1本場ではタンヤオ・ドラ1の3000点(+300点、供託1000点)をアガり、終盤で逆転トップをもぎ取った。

これでチームは日をまたいで3連勝。順位も3位に浮上した。「『勢いあります』と言ったら、『たまたま4分の1を3回引いただだよ』と、剛さんにまた怒られそう」。試合後のインタビューで麻雀サイボーグの異名を取る小林の名を再び出した仲林は、「僕は(勢いは)あるので、頑張りたいですね」と笑顔。ファンに対しては「前回はラスだったんですけど、今回は取り返すことができました」とし、「ここからは、どんどん厳しい戦いが続いていくと思いますが、引き続き応援よろしくお願いします」と気を引き締めた。「インタビュー下手かっ!」。インタビュー中に自虐発言と共に苦笑いを浮かべた“龍を継ぐもの”仲林だったが、心配無用、このまま勝利を重ねれば、麻雀と同様にトーク術もトップクラスになるはずだ。

【第1試合結果】

1着 U-NEXT Pirates・仲林圭(連盟)4万7900点/+67.9
2着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)3万3900点/+13.9
3着 赤坂ドリブンズ・丸山奏子(最高位戦)2万8100点/▲11.9
4着 TEAM雷電・本田朋広(連盟)-9900点/▲69.9

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加