【広島】スキッベ監督「毎試合やっている」試合後ピッチで輪になり浦和サポからブーイング

【広島】スキッベ監督「毎試合やっている」試合後ピッチで輪になり浦和サポからブーイング

  • 日刊スポーツ(サッカー)
  • 更新日:2022/05/14
No image

浦和対広島 試合後にピッチで輪になり、スキッベ監督(手前中央右)の話を聞く広島の選手たち(撮影・野上伸悟)

<明治安田生命J1:浦和0-0広島>◇第13節◇13日◇埼スタ

雨が降りしきる中の「フライデーナイトJリーグ」は、スコアレスドローに終わった。

サンフレッチェ広島のミヒャエル・スキッベ監督(56)は、均衡した試合を繰り広げた両チームをたたえた。

「面白い試合だった。今日の試合はJリーグの中でもいい試合だった。レベルの高い2チームが競い合った素晴らしいゲーム展開の中で行われた試合」。

試合後はピッチの中央で選手たちと輪になり、話をする場面もあった。ゴール裏の浦和のサポーターからはブーイングを受けたが「毎試合やっていること。フィードバック、監督がどれだけ満足しているかを話す」と動じる様子はなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加