南野拓実が対戦を心待ちにする「仲がいい」「非常に厄介な」セルビア代表選手とは?

南野拓実が対戦を心待ちにする「仲がいい」「非常に厄介な」セルビア代表選手とは?

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/06/10
No image

【写真:Getty Images】

日本代表は11日にセルビア代表との国際親善試合に臨む。

10日にオンライン取材に応じた南野拓実には、対戦を心待ちにしている選手がいる。「少し連絡も取って、仲がいい選手の1人」と明かしたのは、セルビア代表のMFマルコ・グルイッチだ。

2人はリバプールで短期間ともに過ごした仲だが、年齢が近いこともあって良好な関係を築いていたようだ。レンタル先のヘルタ・ベルリンから復帰したグルイッチは、2020/21シーズンの序盤をリバプールで過ごした。

だが、出場機会に恵まれず、夏の移籍市場が閉幕する直前の2020年10月初旬にポルトへ期限付き移籍することに。

ともにリバプールのウェアに袖を通していたのは2ヶ月ほどだったが、南野は「非常に体が大きくて、それでいて技術も高くて、中盤でボールも捌けるし、こっちとしては非常に厄介な選手。相手のチームにとって重要な選手の1人じゃないのかなと僕は思っています」と警戒を口にした。

今回のセルビア代表は今年3月に欧州でワールドカップ予選を戦った際に起用されていた主力メンバーのほとんどが招集外となっている。本来の主力級が軒並み来日していないなか、中心選手たちに匹敵する実力を備えた数少ない選手の1人がグルイッチだ。

南野が語る通り身長191cmと大柄で、セントラルMFを中心に中盤ならどこでもこなせる器用さも備え、将来を有望視されている。2016年1月に19歳でリバプールに加入したグルイッチは、ユルゲン・クロップ監督が最初に獲得した選手でもある。その後、5度の期限付き移籍で着実に成長を遂げてきた。

今夏の移籍市場でリバプールはグルイッチの売却を検討しているとも報じられており、チームメイトとして南野とともにプレーする機会はもう訪れないかもしれない。ピッチ上で対戦できる可能性のある今回の試合は、2人にとって貴重な交流のチャンスとなりそうだ。

(取材・文:舩木渉)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加