海底熟成されたワインの味は? 南伊豆の海底で年を越した「SUBRINA」を試飲

海底熟成されたワインの味は? 南伊豆の海底で年を越した「SUBRINA」を試飲

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2022/01/15

―[30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン]―

◆海底熟成ワイン「SUBRINA」とは

No image

今回飲んだ「SUBRINA ACT3」です

お酒を海に沈めて数ヶ月置いておくと、味や香りが変化します。もちろん、海水が入らないようにシーリングしている状態です。味や香りが変化するのは、海中に満ちあふれている音、つまり振動が原因とされています。海底で熟成させたお酒と陸上に保管したままの同じお酒を飲み比べて見ると、専門家でなくても違いを感じることができます。

今回は、南伊豆の沖で海底熟成させたワイン「SUBRINA」を紹介します。株式会社コモンセンスが手がける「海底熟成ワインSUBRINA」は2011年からワインを海に沈めてテストを繰り返し、2013年にファーストロットを発売。2021年には3rdロットとなる「SUBRINA ACT3」をリリースし、現在も販売中です。

南伊豆のダイビングショップなどと連携し、地元の人たちと一緒にプロジェクトを進めており、昨年にはAmazon.co.jp 出品者アワード2021の「ご当地の魅力 発信賞」を獲得しています。

◆海底熟成庫は水深15mのところに

No image

ワイナリーの風景。画像はSUBRINAのウェブサイトより

No image

海底熟成庫は南伊豆の海にあります

「SUBRINA」が眠る南伊豆奥石廊中木沖ヒリゾ浜を望む、水深15mのところに海底熟成庫があります。そこで6~7ヶ月海底熟成すると、ボトルにはフジツボや石灰藻が付着します。ワインボトルはワックスでシーリングされ、1滴たりとも海水が中に入ることはありません。

台風が過ぎ去った冬に沈められ、翌年の夏、台風が来る前に引き上げます。「SUBRINA ACT3」は2021年6月に引き上げたロットとなります。

ワインは南アフリカのステレンボッシュにあるGracelandワイナリーで作られています。ブドウ品種はシラー種です。一般的に、ブラックベリーなど黒系果実のニュアンスがあり、スパイシーな刺激も感じます。肉に合うワイルドなテイストから、上品な味わいまでバリエーションがあるのも特徴です。近年の南アフリカで作られるシラーのワインは評判が高くなっています。

筆者は1stとACT 2は飲んでいますが、ACT 3は初めてです。たっぷりと堆積物が付いた雰囲気たっぷりの見た目が格好よく、痺れます。ワインの口はワックスで蝋封されているので、ソムリエナイフでこそぎとるとコルクが現れます。コルクを抜いたら、付属のポアラーを付け、注ぎます。

◆すっと入ってくるのにパワフルな味

No image

今回飲んだ「SUBRINA ACT3」です

No image

ソムリエナイフでシールを剥いでコルクを抜きます

外観は紫がかった黒で、粘性は弱め。胡椒のようなスパイシー感があり、カシスやブラックベリーの香りがあります。甘やかなニュアンスもあり、複雑なアロマです。タンニンはありますが、シルキーで上品です。すっと入ってくるのにパワフルで、肉料理と合わせても、料理後でも満足できるでしょう。美味しいです。

コモンセンスの青樹社長に伺ったところ、海底熟成することで、全体的に刺激が柔らかく変化したとのこと。若いワインですが、バランスがよくなり、それに伴って香りのボリュームも上がってきたそうです。

◆贈答品に最適

No image

ポアラーを付けて注ぎます。想像以上に黒かったです

気になる価格は、オリジナルギフトボックス入りが1万3000円(税込)。オリジナルラッピングにすると1万3500円(税込)、オリジナルソムリエナイフを付けると1万5500円(税込)となります。

なんと言っても「SUBRINA」は贈答品に向いています。ワイン好きにワインを贈る場合、好みがわからないとチョイスに悩んでしまいますよね。何かテーマや切り口があり、当人も飲んだことがないものだと、安心して選べます。海底熟成ワインはまさにぴったりと言っていいでしょう。

ラッピングも多数用意されており、季節もののSEASONシリーズと気持ちを込められるQUOTESシリーズがあります。価格は変わらず、AnniversaryやLove、Thanks、Hope、Forgivingなど、感謝や愛、謝罪などを伝えられるのがお洒落です。

No image

美麗なオリジナルラッピングも綺麗です

フルボディなので、ミディアムワインが多いブルゴーニュワイン好きには濃いかもしれませんが、それでもきっと「SUBRINA」の魅力は伝わると思います。何より、飲んだことがない美味しいワインを求めるのがワイン好きです。きっと喜んでもらえることでしょう。もちろん、自分でもぜひ飲んでみてください。SNS映えする写真が取れるので、誕生日などの記念日にオススメです。

<文/柳谷智宣>

―[30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン]―

【柳谷智宣】

お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。2021年3月には、原価BAR三田本店をオープンした。新型コロナウイルス影響を補填すべく、原価BARオンライン「リカーライブラリー」をスタート。YouTubeチャンネルも開設し生き残りに挑んでいる

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加