映画『帰らない日曜日』人生が一変した日、秘密の恋を描いたラブストーリー、他2作品

映画『帰らない日曜日』人生が一変した日、秘密の恋を描いたラブストーリー、他2作品

  • LEE web
  • 更新日:2022/05/14
No image

『帰らない日曜日』

No image

© CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND NUMBER 9 FILMS SUNDAY LIMITED 2021 All rights reserved.

優雅な官能とほの暗い予感に心が震える愛の物語

圧倒的な美しさ! 広がる緑の丘陵、揺れる黄金の稲穂、どこまでも続く石垣、その広大な敷地に建つ優雅なお屋敷。絵に描いたようなイギリスの美しい田園風景を背に、名家の跡継ぎとメイドとの身分違いの恋を描いた本作は、一人の女性の人生の選択や自立、その生き方までを描き込み、彼女の心に刻まれた〈運命の一日〉を、より忘れ難くきわだたせる。

1924年3月。イギリス中のメイドが里帰りを許される母の日。ニヴン家に仕える孤児院育ちのジェーンは、数年前から秘密の関係を続けてきたシェリンガム家の跡継ぎ・ポールから電話を受ける。近隣の三名家での昼食会に両親と出席予定の彼は、遅刻を決め込み、誰もいなくなった屋敷にジェーンを誘い入れる。二人は心ゆくまで愛し合った後、遅れてポールは昼食会へ向かう。ゆっくりしていくよう言われたジェーンは、裸のままシェリンガム邸を探索しはじめる。パイを片手に一家の写真や絵を眺め、キッチンから図書室やクロークへ。女王気分を満喫し、ニヴン家に戻ったジェーンに、思わぬ知らせがもたらされる――。

若き頃の秘密の逢瀬や官能の日々と、作家として愛の日々を振り返る40代のジェーン、二つの時間軸の物語が交差する。ジェーンと関係を持ちながら、ポールは当然のように親が決めた名家の娘と婚約。しかも“婚約者は兄の恋人だった”と悪びれずに告白する態度からも、上流階級の価値観や因習の堅固さ、想像されうるジェーンのその後に心が揺れる。先のない恋と承知でも、晩餐会でつい必要以上にポールを見てしまう姿にハラハラ!

一方、親しい三名家の息子たちが第一次大戦で次々命を落とし、ポールだけが唯一生き残ったという、時代がはらむ悲しみと暗い影――名優コリン・ファースとオリヴィア・コールマンが親の悲しみを体現し、物語の味わいを重層的に深める。果たして生涯忘れ得ぬこの恋は、ジェーンに何をもたらしたのか。晩年の彼女を映す終盤、深い吐息と感慨があふれ出す。

・5月27日より新宿ピカデリーほか全国公開

公式サイト

『マイスモールランド』

No image

©︎2022「マイスモールランド」製作委員会

どうにかしなければと、心のザワザワが止まらない!

17歳のサーリャ(嵐莉菜)は幼い頃に来日し、日本で育ったクルド人。夢は学校の先生になること。バイト先で聡太(奥平大兼)と親しくなり、生活は苦しいが青春を満喫している。しかし突然、一家の難民申請が不認定となり、父親が入管施設に収容される。

サーリャのバイトも認められず、生活基盤が消失し……。こんな信じ難い理不尽に苦しむ人たちが、今、日本に多数存在することを知る意義深さだけでなく、青春映画としての煌めきも備えた佳作。

・全国で公開中

公式サイト

『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』

No image

9232-2437 Québec Inc – Parallel Films (Salinger) Dac © 2020 All rights reserved.

人生絶賛模索中! ちょい痛女子の自分探しとお仕事映画

’90年代、作家を夢見てNYに来たジョアンナは、運よく老舗出版エージェンシーで職を得る。ヤリ手上司(シガニー・ウィーバー)のアシスタントとして、J.D.サリンジャー宛てのファンレター処理を任される。

一方私生活では、地元に恋人を残したまま、作家志望のカレと暮らし始め……。能力を過信して暴走する姿に、“あるある”と苦笑いで共感必至。自分を見つめ直し、人の痛みを慮れる成長、一歩踏み出していく勇姿が爽快!

・新宿ピカデリーほか全国公開中

公式サイト

※公開につきましては、各作品の公式サイトをご参照ください。

取材・原文/折田千鶴子

CULTURE NAVI「CINEMA」記事一覧

LEE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加