ジョニー・デップ、真剣交際が報じられる! 相手は元妻との泥沼裁判を支えた弁護士

ジョニー・デップ、真剣交際が報じられる! 相手は元妻との泥沼裁判を支えた弁護士

  • SPUR
  • 更新日:2022/09/23

ジョニー・デップ(59)が元妻アンバー・ハード(36)を名誉毀損で提訴し、勝訴した裁判から約3カ月。ジョニーに新たなロマンスの噂が浮上し、その相手が注目を集めている。

今年6月、元妻アンバー・ハード(36)を名誉毀損で提訴していた裁判で勝訴したばかりのジョニー・デップ(59)に、新たなロマンスの噂が浮上している。

2022年6月1日(現地時間)、2018年12月にアンバーがジョニーからDV(家庭内暴力)を受けたという内容の書簡が米紙『ワシントン・ポスト』に掲載されたことを受け、アンバーを名誉毀損で提訴していた裁判で勝訴判決を得たジョニー。

アンバーがジョニーとの離婚を申請してからおよそ6年にわたって争われてきた泥沼裁判についに終止符が打たれ、ジョニーは「新しい人生が始まった」とその喜びを語っていた。

No image

Photo : Aflo

そんなジョニーの言葉通り、勝訴から約3カ月が経った今月22日(現地時間)、米週刊誌『Us ウィークリー』がジョニーの新たなロマンスについて報道。なんとそのお相手は、以前のアンバーとの裁判でジョニーの弁護を担当した弁護士!

今回交際相手として報道されているのは、英ロンドンの弁護士事務所に所属しているジョエル・リッチ(37)。ジョニーは2018年にも、英紙『The Sun』がアンバーへのDV疑惑を掲載したことを受け訴訟を起こしており、ジョエルはその英国で行われた裁判でジョニーの弁護を担当していた。

No image

Photo : Aflo

新型コロナウイルスの蔓延により開廷が延期されていた裁判は2020年7月にようやくスタート。この時はアンバーの主張していたDV疑惑に関する『The Sun』の記事は「実質的に真実である」とされ、2020年11月に敗訴している。

ジョエルはその後米国で行われ、勝訴をおさめた裁判の弁護団には参加していなかったものの、法廷をたびたび訪れ裁判を傍聴。ジョニー側を支持する姿勢を示し、ジョニーと言葉をかわす姿も何度も目撃されていた。

No image

Photo : Getty Images

『Us ウィークリー』が取材を行った関係者によると、ジョエルの裁判の傍聴は「仕事上の義務ではなく、あくまで個人的な(感情による)ものだった」のだとか。

続けて関係者は、「ジョエルは2018年にジョニーと出会った当時、結婚していたが現在は離婚を申請中。別居中の元夫との間にふたりの子供がいる」とも明かしており、離婚の原因はジョニーとの関係にあるのでは? との見方も。

No image

Photo : Getty Images

ジョニーは米国で行われた2度目の裁判中、弁護を担当していたカミール・ヴァスケス(38)とも交際の噂が浮上したことがあるのだが、カミールは報道を「性差別的な憶測である」と非難し、「非倫理的な告発だ」と否定していた。

ジョニーとジョエルの関係者から交際についてのコメントは得られていないというが、アンバーと結婚する前は数々の女優やモデルと交際し、恋多き男としても知られていたジョニー。新たなロマンスの噂は本当なのか? 続報を待ちたい。

No image

セレブニュース

「新しい人生がようやく始まった!」ジョニー・デップ、元妻アンバー・ハードとの泥沼裁判に勝訴

No image

セレブニュース

アンバーのヌード写真やストリッパーだった過去など、ジョニー・デップが裁判所に提出しようとしていた新たな主張が明らかに

No image

セレブニュース

ジョニー・デップに敗訴したアンバー・ハード、「陪審員の不当な入れ替わり」を理由に裁判のやり直しを求める

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加