『DCS World』新キャンペーン「Rising Squall」発表!―現実によく似た異世界が舞台で音楽に『エースコンバット』の小林啓樹氏が参戦

『DCS World』新キャンペーン「Rising Squall」発表!―現実によく似た異世界が舞台で音楽に『エースコンバット』の小林啓樹氏が参戦

  • Game Spark
  • 更新日:2020/11/22
No image

『DCS World』新キャンペーン「Rising Squall」発表!―現実によく似た異世界が舞台で音楽に『エースコンバット』の小林啓樹氏が参戦

Inverted Studioは、コンバットフライトシム『DCS World』向けのサードパーティー製新キャンペーン「Rising Squall」を発表しました。

本キャンペーンのストーリーは「INVERTED World」に基づいており、我々の世界と非常によく似ているものの文明や国、そして政治的関係が異なった異世界が舞台。映像では、「Exusia」や「Star Union」など独自の国家群がセリフとして現れています。

また、本作の解説によると『DCS World』のリアリティだけでなく、エキサイティングでヒロイックな体験をしたいと願う部分を踏まえたものが「Rising Squall」とであるとのこと。必須モジュールは『F/A-18C』と『Persian Gulf』マップで、『Supercarrier』は推奨となっています。

音楽には『エースコンバット』シリーズ(『7』の「Daredevil」、『04』の「Megalith Agnus Dei」など)や、『アイドルマスター』シリーズ(「約束」や「アイMUST GO!」の作曲など)など音楽を担当したことで知られる小林啓樹氏を起用。なお同氏は2014年からフリーランスとして活動を続けており、本キャンペーン向けにはオリジナル曲を10曲提供しています。

本キャンペーン「Rising Squall」は今冬のリリースを予定。またクローズドテストを募集しており、専用のフォーラムから応募できます。

G.Suzuki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加