安倍氏国葬で交通規制・首都高は「9時間通行止め」物流への影響必至で「経済的損失を補償しろ」の声

安倍氏国葬で交通規制・首都高は「9時間通行止め」物流への影響必至で「経済的損失を補償しろ」の声

  • SmartFLASH
  • 更新日:2022/09/23
No image

9月22日、警視庁は、27日に日本武道館(東京都千代田区)で執りおこなわれる安倍晋三元首相の国葬当日に、都内でおこなう交通規制の詳細を公表した。

首都高速道路は正午ごろから午後9時ごろまで、都心環状線の大部分と、1~6号線の一部などが通行止めとなる。

会場の日本武道館周辺は、午前9時から午後7時ごろまで、靖国通り(九段坂上交差点から九段下交差点の間)と千鳥ケ淵緑道沿いの車道が規制される。また、近くの代官町通り(千鳥ケ淵交差点から竹橋交差点の間)も午前11時から午後5時ごろまで、歩行者を含めて通行止めとなる。国葬後の行事が予定されている、港区元赤坂の迎賓館周辺の一般道も、午後5時から午後9時ごろまで、規制される。

【関連記事:小泉進次郎に「安倍首相以下」台風被災地で罵倒の声】

海外要人の来日や移動に合わせ、26日と28日も首都高などでは一時的に交通規制がおこなわれる。状況によって、規制の時間や範囲は変更の可能性もある。

「警視庁の発表を受け、日本郵便は26日から28日にかけて、東京都の千代田、中央、港の3区で、荷物の発送や受け取りに半日から1日の遅れが見込まれると発表しました。3区内では、集荷サービスなどを一時中止することもあるとしています。

またヤマト運輸も、26日から28日にかけて、千代田、港、新宿、渋谷の4区で、荷物の配送に遅れが生じる可能性があると発表しました。

2019年の『即位礼正殿の儀』の際は、道路渋滞が起こり、配送会社の一部サービス停止などが発生しました。今回も、月末の平日におこなわれる大規模な交通規制だけに、物流サービスに影響が出ることは避けられないでしょう」(社会部記者)

首都高が9時間にわたって通行止めとなることが報じられると、ネット上では経済的損失を心配する声が多く上がった。

《この9時間のお値段は? 当然、国葬の費用に数えるべき金額です》

《葬儀費用もだが物流の経済損失もでかいな。海外要人との外交で元が取れるのでしょうか?いずれにしてもドライバーさんの時間的損失は大きいんでしょうね》

《いいかげんにして欲しい。首都高を通行止めにしてまで、やることか?経済的損失を補償して欲しい》

《通行止めによる経済的打撃も経費に計上すべきじゃないのかね?》

すでに9月20日から警備体制が強化され、その対象は都内の主要なターミナル駅や羽田空港、大使館にも及んでいる。経済的損失を経費として計上したら、国葬の費用はさらに膨れ上がるだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加