飛び込み 東京五輪代表の寺内・坂井組が棄権 坂井がへんとう炎、朝に微熱

飛び込み 東京五輪代表の寺内・坂井組が棄権 坂井がへんとう炎、朝に微熱

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/03
No image

坂井丞(左)、寺内健

「飛び込み・W杯」(2日、東京アクアティクスセンター)

東京五輪最終予選を兼ねて男子シンクロ板飛び込み予選が行われ、東京五輪代表の寺内健、坂井丞(ともにミキハウス)組は、坂井がへんとう炎のため大事をとって欠場した。

2日朝7時、大会出場のために会場入りした坂井が「喉の痛み」、「36・9度の微熱」、「体がだるい」と体調悪化を訴えた。医師の診察を受けた結果、へんとう炎と診断され、ホテルに戻ることとなった。

今大会は新型コロナ禍で外部との接触を断つ「バブル」方式を用いて開催されており、坂井もこれまでに4度PCR検査の簡易版となるLAMP法検査を受け、全て陰性だった。この日は体調悪化を訴えたことから、鼻の抗原検査を受けたが、陰性。念を入れてPCR検査も午前に受けており、現在結果待ちだという。ペアの寺内とは同部屋だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加