F1残留決定の角田裕毅、来季は飛躍の年となるか。先輩日本人ドライバー5人の“3年目”はどうだった?

F1残留決定の角田裕毅、来季は飛躍の年となるか。先輩日本人ドライバー5人の“3年目”はどうだった?

  • motorsport.com 日本版
  • 更新日:2022/09/23
No image

日本人としては歴代10人目となるフルタイムF1ドライバーである角田裕毅。彼は2023年シーズンもアルファタウリに残留することが発表され、同チームでの3シーズン目を送ることとなった。

アルファタウリのフランツ・トスト代表は「ドライバーがF1を完全に理解するには少なくとも3年は必要なので、彼にそのポテンシャルをフルに発揮するための時間が与えられたことは喜ばしい」とコメントし、3年目を迎える角田に期待を寄せている。彼が今季残りのレースと来シーズンで印象的な活躍を残すことができれば、今後のF1キャリアにも大きな影響を与えるはずだ。

歴代日本人ドライバーの中で、3年以上フル参戦することができたのは5人。中嶋悟、鈴木亜久里、片山右京、佐藤琢磨、そして小林可夢偉だ。今回はそんな彼らの“3年目”を振り返ってみよう。

■中嶋悟(1989年)

1987年に日本人初のF1フルタイムドライバーとしてロータスからデビューを果たした中嶋。3年目となる1989年シーズンもロータスからの参戦となったが、エンジンはホンダから非力なジャッドエンジンとなり、3度の予選落ちを喫するなど(チームメイトのネルソン・ピケも1度予選落ち)全体的には苦しいシーズンとなった。

ハイライトとなったのは最終戦のオーストラリアGP。大雨の中スタートから大混乱となったレースで、中嶋は4位でフィニッシュ。惜しくも表彰台は逃したもののファステストラップを記録し、“雨のナカジマ”を象徴するレースとなった。

Motorsport Network.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加