コショウ、横浜から全国の食卓に  横浜港、輸入8年連続日本一

コショウ、横浜から全国の食卓に 横浜港、輸入8年連続日本一

  • カナロコ by 神奈川新聞
  • 更新日:2022/09/23
No image

横浜港は国内最大のコショウ輸入港─。そんな調査結果を今月、横浜税関がまとめた。コショウの輸入量と金額のいずれも、同港のシェアは昨年まで8年連続で日本一だったという。「スパイスの王様」の多くは、横浜経由で全国の家庭や飲食店に届いている。

同税関によれば、全国の税関を通って輸入されるコショウの量は2010年以降、年間8千~1万トン弱とほぼ横ばいで推移。直近の21年は、前年比3・7%減の9079トンだった。

港別のシェアをみると、横浜港は14年に3割を超えてトップに立ち、16年には5割を突破。その後も4割前後をキープし、「ライバル」の東京港や神戸港を抑えて8年連続で1位を守った。金額ベースでもほぼ同様のシェアを占め、14年から首位の座を維持している。

コショウの輸入先はアジアが大半を占める。21年はマレーシアが最多で、インドネシア、ベトナム、インドが続いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加