アカデミー賞ノミネート、「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」が最多11部門

アカデミー賞ノミネート、「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」が最多11部門

  • CNN.co.jp
  • 更新日:2023/01/25
No image

第95回アカデミー賞のノミネートが24日に発表された/Andrew H. Walker/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 第95回アカデミー賞のノミネートが24日に発表され、異色の映画「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」が最多の11部門でノミネートされた。「西部戦線異状なし」「イニシェリン島の精霊」はそれぞれ9部門でノミネートされている。

ヒット作の「トップガン マーヴェリック」と「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」は作品賞のノミネートを獲得。歌曲賞はリアーナ(ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー)やレディー・ガガ(トップガン マーヴェリック)がノミネートされた。

助演女優賞候補にはアンジェラ・バセット(ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー)、ジェイミー・リー・カーティス(エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス)など、助演男優賞候補にはジャド・ハーシュ(フェイブルマンズ)などが選ばれている。

主演男優賞はコリン・ファレル(イニシェリン島の精霊)、ブレンダン・フレイザー(ザ・ホエール)などがノミネートを獲得。主演女優賞はケイト・ブランシェット(ター)、ミシェル・ウィリアムズ(フェイブルマンズ)、ミシェル・ヨー(エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス)などが候補に選ばれた。

アカデミー賞授賞式は3月12日に開かれる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加