米当局が「プーチンの愛人」に制裁、元新体操選手の39歳

米当局が「プーチンの愛人」に制裁、元新体操選手の39歳

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2022/08/06
No image

米財務省は8月2日、以前からロシアの「プーチン大統領の愛人」と噂されてきた元体操選手のアリーナ・カバエワに対する制裁を発表した。

財務省が2日の声明で、プーチンと「親密な関係にある」と指摘したカバエワは、2014年以来、ロシア最大のメディアコングロマリットを率い、親ロシア派の新聞やテレビ、ラジオ局を支配している。

彼女は2007年から2014年まで、プーチンが支配する政党の「統一ロシア」所属の国会議員を務めていた。英国と欧州連合(EU)はすでにカバエワを制裁対象に指定している。

ニューヨーク・タイムズ(NYT)によると、米当局は今年に入りカバエワへの制裁を検討したが、「事態のエスカレーションを避けるため」に踏みとどまっていたという。

プーチンは長年、カバエワとのロマンチックな関係を否定してきたが、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、米当局は、カバエワがプーチンの愛人であり、少なくとも3人の子供の母親だと認識しているという。また、彼女とその子供たちはスイスに住んでいる模様という。

現在39歳のカバエワは、ロシア政府とつながりを持つ前は新体操選手として活躍し、2004年のアテネ五輪で金メダルを獲得したほか、14の世界選手権で入賞していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加