ウナギの輸入がピーク 今年は“お手頃価格”か

ウナギの輸入がピーク 今年は“お手頃価格”か

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/20
No image

動画を見る(元記事へ)

今年は手頃な価格になるかもしれません。

もうすぐ土用の丑(うし)の日。

20日に成田空港に到着した台湾産の「ウナギ」です。

28日の土用の丑の日を前に、ウナギの輸入がピークを迎えています。

仕入れた業者によりますと、去年よりも2割くらい安く、ふっくらとして良いウナギだということです。

国産のウナギを扱う東京都の豊洲市場でも卸売価格は去年と比べて16%ほど安くなっています。

ウナギの稚魚「シラスウナギ」の不漁が続いた結果、価格の高止まりが続いてきましたが、去年、漁獲量が回復したこともあり、今年は手頃な価格で楽しめそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加