生活パターンや現金の場所 窃盗グループのメモ押収

生活パターンや現金の場所 窃盗グループのメモ押収

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/02/23
No image

動画を見る(元記事へ)

窃盗グループが持っていた手書きの間取り図のメモ。現金の在りかなど、個人の家の情報をどうやって盗み取ったのでしょうか。

全国の「住宅での泥棒被害件数」は2004年以降、減り続けています。ただ、「一件あたりの被害額」は逆に増加中。これはなぜなのか…。

答えの1つとみられるのが手書きの間取り図です。愛知県警が窃盗グループから押収して先週、公開しました。

階段、トビラ、玄関といった経路や住人の構成なのか、犬2、男2、女2の文字もあり、リビングや物置きの位置も書かれ、その横には「金」とあります。

さらに、別のメモには「家族の生活パターン」も記されていました。

これでは「誰もいない時間帯」や「警戒すべき車」などが丸分かりです。

こうした情報をどうやって手に入れるのでしょうか。

愛知県警が公開した映像ではライトを消した車が止まると2人が降り、塀に上って住宅の中を確認しています。下見とみられ、他にも「設備の点検」を装ったりする可能性もあるといいます。

恐ろしいのはこうした情報の使い方です。窃盗グループから押収したスマートフォンには「情報屋」と「実行役」のやり取りが残っていたといいます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加