全力! 女芸人・小出真保の婚活ダイアリー(3):マッチした人とはじめての電話...まさかの結末

全力! 女芸人・小出真保の婚活ダイアリー(3):マッチした人とはじめての電話...まさかの結末

  • fumumu
  • 更新日:2022/05/14
No image

女芸人・小出真保が、リアルな体験談や心境をポップに時にダークに伝えていく『全力! 女芸人小出真保の婚活ダイアリー』。

ほらね♪と、私は何故か得意気。芸能人のマッチングアプリで彼氏ができた、結婚した、というニュースにニヤニヤしています。

アプリで結婚するのはもう普通なんですよね。また、新山千春さまが何のアプリを使ったのか、すぐにわかりました。私は、今、完全にマッチングアプリを駆使した「マッチングジャーナリスト」となっています(私が勝手に作った職業です)。

さて、今回は前回お伝えした「1回のLINEで3トピックス書いてくる」文章長男(ぶんしょうながお)の続編! メッセージで会話が弾み、いよいよ電話をすることに…。

これまでのコラムはこちら

■哀川翔以上の哀川翔が爆誕

さすがに緊張しました。「どうしよう。文章長いとはいえ素敵な人だったりして、やばいやばい、きゃー!」と、はじめての体験にテンション上がりまくり。

ついに電話が鳴り、ドキドキで出る私…。電話の向こう側の彼「あ~~~もしもしぃぃ~~~、はじましてぇぇ、まほさんですかぁぁ~~?」

これ。文章では伝わりづらいのですが、声が完全に哀川翔さんだったんですね。というか、本人をさらにしつこくした感じの…哀川翔さん以上に哀川翔さんなんですね。

私、笑ってしまいました。堪えきれないです、こんなの。

文章長男 「もしもしぃぃぃ。もしもしぃぃ、あれ? 聴こえますかぁ?」

私    「あ…はぁ…。」

文章長男 「まほさぁん、何、笑ってるんですかぁぁ~??」

「カブトムシぃぃ。」※これは、言っていません。

雑談して電話終了。「なるほど…こんな感じか。これは今後、期待をしすぎてはダメだぞ」と思った瞬間でもありました。

関連記事:全力! 女芸人・小出真保の婚活ダイアリー(2):はじめての「マッチしました♡」体験

■このあと、まさかの展開

その後また「文章長男」改め「文章長々声哀川翔男」と電話する機会が訪れました。じつは私、この時はまだマッチングアプリをあまり信用しておらず、怖さもあったので職業を偽っていたのです。

なぜか「英会話スクールの事務」にしていました。ですが、嘘をついていると会話がだんだんしんどくなってきます。そして、打ち明けることに。

「あのー、プロフィールなんですけど、嘘なんですよね。ほら、マッチングアプリって怖いじゃないですか。ほんとはマスコミ系というかエンタメ系でして…」と、芸人とはハッキリ伝えずこんな感じで伝えました。

すると、文章長男は「あ…そうですか。。。」と、いつもの哀川翔節は出ず、、微妙な反応。

そして後日…LINEをブロックされました。ブロックだけでなく、友達も削除されました。

そんなことまでしなくても…と思いつつ、ああ、繊細な人だったのかな。と、少し反省した瞬間でもありました。

■それでも突き進む

こんなものかと、縁がなかったんだな、とすぐ切り替え、次の日にはもう新しい人を探す。それがマッチングアプリの良さでもあり怖さでもある。

※反省を活かし、今ではすぐ芸人だと伝えています。

次回は、いよいよ、初めて、実際に会った男性、マッチングアプリデビュー戦を、お伝えしたいと思います。

会った瞬間に思ったことは「え、真冬なのに?!」 いったいどんな彼なのか。乞うご期待。

・合わせて読みたい→哀川翔、心肺停止で救急搬送された過去を告白 生還は「おがくず」の中から

(文/fumumu編集部・小出 真保

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加