オリックス 前夜に負傷交代のバレラは右手有鉤骨骨折の診断 登録抹消

オリックス 前夜に負傷交代のバレラは右手有鉤骨骨折の診断 登録抹消

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/14
No image

オリックス・プレイビック・バレラ

オリックスは14日、ブレイビック・バレラ内野手が13日に大阪市内の病院を受診し、右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折と診断されたと発表した。同選手はこの日、登録抹消された。

今後は近日中に手術も含めて検討を行い、早期の実戦復帰を目指していく予定としている。

バレラは13日のロッテ戦で、九回にスイングした際に右手首付近に痛みを訴えていた。今季から加入した助っ人は、34試合の出場で、103打数21安打の打率・204だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加