イオンの舞台で堂々披露 学童保育がダンス発表会〈秦野市〉

イオンの舞台で堂々披露 学童保育がダンス発表会〈秦野市〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/09/23

学童保育でんでん(府川優樹代表)と学童保育はだのキッズ(藤田直正代表)、KDダンス教室の3団体が9月17日、イオン秦野ショッピングセンターのくすの木広場ふれあいステージで合同ダンス発表会を行った。

学童に通う児童らの成長と思い出作りのため、合同で夏の工作展やクリスマス工作展、発表会などを定期的に行う学童保育でんでんと学童保育はだのキッズ。今回はでんでんでダンスを教えている「KDダンス教室」も協力し、ステージ発表が行われた。

当日は、はだのキッズとでんでんの子ども約80人が参加。ダンス教室に入っていない子どものみのチーム、入っている子といない子の混合チーム、ダンス教室の児童のみで構成されたチームに分かれ、日頃の練習の成果を披露した。

府川代表によると、自分たちで衣裳決めを行ったチームも多いという。見学に訪れた保護者や、足を止め見入る来店者らの前で堂々としたダンスをする子どもたちに、惜しみない拍手が送られていた。

No image

自分たちで選んだ衣裳で踊る小学2年生チーム

タウンニュース秦野版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加