【前編】中野友加里が選出!ベストステップスケーター「お手本のようなステップをする選手」

【前編】中野友加里が選出!ベストステップスケーター「お手本のようなステップをする選手」

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2021/05/31

フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんがフィギュアスケートを様々な角度からお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

同チャンネルではこれまで、フィギュアスケートの専門的な部分から裏側、さらにはメイクの解説など、コアな部分も多く配信されていることから、スケートファンの間で大きく話題となっている。

その中でもファンからの反響が多かったのが「ベストジャンパー」「ベストスピン」といった企画。今回その第3弾として「ベストステップ」選手が発表された。

・今すぐ読みたい→
4回転アクセル習得を目指す羽生に中野友加里「4回転アクセル無しでも勝てる選手」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-talks-about-yuzuruhanyu-2/

苦手だったステップは・・・

自身は現役時代スピンを得意としていた中野さんだが、ステップに関してはどうだったのだろうか。

「ステップのなかにいくつか種類があるのですが、私はこの中で1番苦手だったのが、ツイズルですね。左回転は元々スピンやジャンプで回っているので、大体は上手く行くのですが、反対も同じようにできないといけない。なので、右回転も必ず練習しないといけないんですが、それが凄く苦労しました。いつも回数を少なくして行っていたので、ツイズルとみなされていたかどうか、というところなんですが・・・。これがツイズルにみなされないと、ターン扱いになってしまい、レベルが落とされてしまう可能性もあるので、そういった部分でもツイズルを凄く練習していました。」

お手本のようなステップ

今回もスピン同様、順不同で6人を選出した中野さん。前編ではその中の3人が発表されているが、まず選ばれたのは、あの五輪メダリストだ。

「1人目は、パトリック・チャン選手です。スケーティング自体も素晴らしかったんですが、そのスケーティングの技術を活かしたステップシークエンスは、目を見張るものがありました。あの深いエッジ、カーブに乗って、思い切り靴を倒してというのは彼の持ち味ですよね。演技の中に、本当に作品のように刻まれるステップでした。沢山ある中でも、『ラフマニノフ』『アランフェス』『ショパン』は、クラシックの中でも彼のスケーティングやステップが凄く生きていました。スケートのお手本のようなステップをする選手だったなと思います。」

新しい世界を切り拓いてくれたプログラム

No image

そして、今回あの五輪王者も選出されている。

「ロシアのアレクセイ・ヤグディンさんです。オリンピックの時に滑った、『ウィンター』という演目が印象に残っています。その時に、トゥステップをやって凄く会場が湧きました。今はそういうことをやる選手はあまりいないんですが、当時はまだレベルがあまり関係ない6.0点満点方式だったので、好きなことをやってステップの評価を受けていたと思います。あの『ウィンター』て、モロゾフさんが編み出した、新しい世界の作品だと思うので、凄く印象に残っていますし、ああいうこともフィギュアスケートってやれるんだというのを導いてくれたのがヤグディンさんじゃないかなと私は思っています。」

その『ウィンター』をショートプログラムで披露したソルトレイクシティ五輪のフリー使用曲についても、中野さんは印象に残っているという。

「『仮面の男』は思わず、映画を見たくなるくらい、ヤグディンさんが作り出した世界観というのが素晴らしかったので、何度もその演技を見て、DVDも買ってしまいましたね。そのくらい見惚れていました。新しい世界を切り拓いてくれたのが、ヤグディンさんのプログラムだったなと思いました。」

さらにこの他前編の動画では、ベストスピンに続いて、あの選手が選出されている。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
中野友加里が羽生結弦を徹底解剖!「彼は毎日考えながら生きている選手」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-talks-about-yuzuruhanyu/

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加