Acky Bright × atmos個展 “落書き“で世界デビューした気鋭アーティスト

Acky Bright × atmos個展 “落書き“で世界デビューした気鋭アーティスト

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2021/09/16
No image

アーティスト/漫画家・Acky Brightさんとスニーカーセレクトショップ・atmosが、スニーカー×メカ×女の子をテーマとした個展「SNEAKER PINKS」を開催する。

【画像をもっと見る】

会期は9月17日(金)から9月27日(月)で、会場はatmosプロペラ通り店。

個展では、未公開キャラクターのデザインを落とし込んだTシャツやポスター、ステッカーなどのグッズを販売。18日(土)、19日(日)にはAcky Brightさんによるサイン会も予定している。

個展のみの未公開キャラクターも、Acky Bright×atmos

No image

「atmos × Acky Bright "SNEAKER PINKS" S/S TEE」表/サイズ:M、L、XL/カラー:ブラック/価格:5500円(税込)

No image

「atmos × Acky Bright "SNEAKER PINKS" S/S TEE」裏

「白黒の繊細なタッチ」と「大胆な構図」が特徴的なイラストを手がけ、日本のみならず世界を舞台に活躍するAcky Bright(通称:あき)さん。

今回の個展では、会場でしか見ることのできない数多くの未公開キャラクターが登場。スニーカーからインスパイアを受け生み出されたキャラクターのパネルや、元ネタとなるスニーカーも展示される。

世界で注目を浴びるアーティスト

MoMA(ニューヨーク近代美術館)のキュレーターのお墨付きで、国内では文化庁による「CULTURE GATE to JAPAN」に参加、国外ではDCコミックス『THE JOKER』のバリアントカバーやBMW「HEROES OF RIVALRY」の漫画を担当するなど世界的に評価されているAcky Brightさん。

ほぼ独学で現在のスタイルにたどり着き、2018年よりSNSへの投稿を開始。実はデザイン会社のファウンダー/プランナー/イラストレーターであり、当初は社内で仕事のふりをして落書きを投稿していた。2020年の4月頃に社内に打ち明けたという、経営者のAcky Brightさんならではの経験談を持っている。

「女の子×武器(メカ)」モチーフのイラストを多く手がけているが、特にこだわりがあるわけではなく依頼が多いからとのこと。

イラストを描く際のこだわりについて、「アーティストとして絵を描くときは『素直に自分の描きたい絵を描く』」とインタビューで答えている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加