山下智久やっぱりジャニーズ退所? しかもまさかの「新しい地図」に合流の怪情報も

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/10/17

未成年の女性とコロナ禍の中で合コンを開き、お持ち帰り疑惑まで浮上し謹慎中の山下智久。一部週刊誌で来年3月でのジャニーズ事務所の退社も報じられたが……真相は?

「謹慎中ということもありますが、山下さんがドラマのキャスティングリストから消えたのは事実です。『コード・ブルー』など人気作品が多いだけに、来年以降もブッキングができないということはやはり、ジャニーズを辞めるのかなと噂されています」(民放関係者談)

それでも、ジャニーズは山下を不届き者と突き放すつもりはないようだ。

「山下はジャニーズでも木村拓哉についで稼げる俳優です。嵐が活動休止する中で、山下を手放すのは得策ではないと考えている。実は、問題の飲み会に同席していた亀梨和也と同じく山下も謝罪のみで済ませようと当初はしていた。息のかかったスポーツ新聞で山下の謝罪コメントを掲載させようと裏で動いていたほど。しかしSNSなどで山下へのバッシングが大きくなりすぎて、CMスポンサーなどへの影響も考えて謹慎処分にした」(週刊誌記者談)

では、退所報道も出ている山下はこの後どうなるのか?

「山下は3月でジャニーズ事務所を離れることになりますが、これまでと変わらずにジャニーズが裏で山下をコントロールする。現に、飲み会に同席していた女性が謝罪コメントを出しマスコミで一斉に報じられたのも、ジャニーズが裏で手を引いていました。そんな中で、山下の受け入れ先になると思われるのが、元SMAPの3人が作った新しい地図です。事務所の社長である飯島三智氏は、ジャニーズ在籍時は山下の担当でブレイクさせた人物。飯島氏は仲違いをしていたジャニーズ事務所と今後は協業をしていく予定で、その第一弾タレントが山下だと言われています」(民放関係者談)

実は、今回の合コン騒動が起きる前からこのプロジェクトは極秘裏に進められていたという。

「飯島さんはジャニーズ在籍時にSMAPのアジア戦略を成功させ、故・ジャニー喜多川氏に『後を任せられるのは飯島だけ』と言わしめたほどの実力者です。山下が海外の配信ドラマに出演したことをきっかけに海外志向になっていることもあり、飯島さんがプロデューサーとして山下の面倒を見ることになっていたんです。そういった関係もあり、今回の騒動を起こしたことで山下はジャニーズを離れて飯島氏と合流を果たすことになりそうなんです」(民放関係者談)

日本での展開ももちろん重要な仕事として継続させていくという。

「飯島さんのブレーンとして、元フジテレビの敏腕広報だったKさんが付いている。山下もコード・ブルーシリーズが一番の大ヒットドラマとなっていることもあり、フジテレビで独立後初めてのドラマを担当する方向で話を進めているようです。キャスティングリストに乗っていない、一部の人間しか知らない極秘案件になっているという。海外進出に関しても、フジテレビがバックアップすることになっているようです。フジもテラスハウスの騒動で提携先のNetflixとの関係が微妙になったことで、山下を利用してヒット作を作ろうと考えているようです」(民放関係者談)

意 外にも、山下の未来はバラ色のようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加