昔とは全然違う!「ルンバ」を最新のiシリーズに買い替えてわかったロボット掃除機のスゴい進化

昔とは全然違う!「ルンバ」を最新のiシリーズに買い替えてわかったロボット掃除機のスゴい進化

  • @DIME
  • 更新日:2023/01/26

掃除機の進化はすさましい。一昔前まではコードを巻き上げる真空掃除機が主流であったが、コードレスのサイクロン式が登場。そして、人が動いて掃除しなくてもよいロボット掃除機が発売され、人々の暮らしは豊かに。しかし、そんな最新式のロボット掃除機も日々進化し続けている。

我が家もルンバを愛用しており、今年800シリーズからiシリーズに買い替え。最新機種ではないが、以前のルンバとどう進化をしたか?違いをレポートする。

ルンバを買い替えた理由は…

我が家は2匹の猫と暮らしているため、毎日の掃除は欠かせない。ルンバを購入する前はコード付きダイソンを使用していたが、吸引力は強いものの、アップライト型の掃除機は重く、毎日の掃除向きではなかった。

そこで導入したのがルンバだ。アメリカ在住の筆者は、周りでルンバを使用している人が増え「便利だ!」という声を多く聞くようになり、2018年、当時は比較的新しい機種であったルンバ891を購入した。

初めてのロボット掃除機は、画期的できちんとホームベースに戻るルンバに感動した。

No image

しかし、4年ほど使用してくるとゴミの吸い上げが悪くなり、段差に引っかかりスタックすることも多々。稼働時間が減り、自分できちんとホームベースに戻れなくなった。

ロボットも人のように老化なのか働きが悪くなり、最終的に、ルンバを使った後にもしっかり掃除機をかけないといけなくなり、買い替えを検討するようになった。

我が家にきた「ルンバi1」

我が家が新しく迎えた機種は「ルンバi1」。日本では販売されていない機種だが、日本で販売されている「i3」とほぼ同じ機能で、カラーが異なるモノだ。現在販売されているルンバの中での最高峰は「s9」になるが、「i1」は多機能な中位モデル。

No image

吸引力が高く、規則正しい動きで効率的に清掃してくれる点、最新モデルではないため買いやすい価格だったことが購入の決め手となった。

800シリーズより数段使いやすくなった点

新しい機種になったモノの、ロボットでの掃除には限界がある!と思っていたため、「ロボット掃除機は補助的な掃除機」の位置づけにしていた。しかし、「ルンバi1」は以前のモノより格段に掃除機能が上がりビックリした。

まず、一番「コイツ賢くなったな」と思う点は、以前のルンバはジグザグで清掃し、壁にぶつかってはターンという感じで、思うがままに走り、正直掃除忘れ部分も結構あった。しかし、「ルンバi1」は規則正しい動きで隅々まできちんと掃除。そして、フローリングとカーペットを区別し、それぞれ別に隅々まで掃除してくれるところは進化を感じた。

No image

また、吸引力も高くなり、カーペットもきれいに掃除。以前はちょっとした段差にスタックしていたが、コレは多少の段差も乗り越えてくれるため、人の助けを一切必要なく、掃除を完了してくれる。

稼働時間も伸び、我が家のリビング、キッチン、2ルームを一度にすべて掃除してくれる。以前はルンバが掃除した後、残したゴミを掃除していたが、今はメイン掃除機としてコレひとつでよくなり、前のルンバが「幼児」なら、「ルンバi1」は小学生低学年程度まで成長したように思える。

ゴミ捨ても楽チンに

今の機種には「自動ゴミ収集機」を付けることが可能だが、コレをつけると値段が高くなるため、筆者は通常のホームベースを購入。

しかし、ゴミを捨てる方法も、以前はダストボックスの蓋を取るのに手間がかかったが、「ルンバi1」はプッシュでダストボックスの蓋が開くようになり、スムーズにゴミを捨てられようになった。

No image

また、以前のダストボックスには電子部位が付いていたため水洗いができなかったが、「ルンバi1」はフィルターを取り除けば、ダストボックスを丸ごと水洗いでき、ダストボックスを清潔に保てるようになった。

No image
No image

「iシリーズ」でも機能は充実していると感じだ

最高峰の「s9」は、初期モデル600シリーズの40倍の吸引力(「i1」は10倍)で角が掃除しやすいようなD状の形になっているが、上を見ればキリがない。

No image

我が家は夫と2匹の猫で暮らしているが、「ルンバi1」の働きに十分満足している。以前のルンバはまだ動いていたため、買い替えは少し迷ったが、やはり家電ロボットの進歩は早い。数年前だがこんなにスペックが違うモノかと、改めて家電の進歩を肌で感じた。

文・写真/舟津カナ
アメリカ・ロサンゼルス在住のアウトドアライター。日本で編集プロダクションに勤務後、結婚でアメリカへ移住。週末問わず愛車ラングラーで愛猫とともにキャンプやオフロードに向かう。趣味はビンテージのアウトドアギア収取。
http://kana-funatsu.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加