バッファローとセゾン情報が提携、NASに格納されたデータの利活用促進を図る

バッファローとセゾン情報が提携、NASに格納されたデータの利活用促進を図る

  • クラウド Watch
  • 更新日:2021/09/15

株式会社バッファローと株式会社セゾン情報システムズは15日、データ利活用を促すために、NASに保存されているあらゆるデータをつなぐプラットフォームの共同開発に取り組むことを発表した。

この共同ソリューションでは、バッファローの法人向けNAS「TeraStation TS6000シリーズ」に、セゾン情報システムズのIoTデータ連携ソリューション「HULFT IoT」を組み合わせ、中小企業~大企業までのさまざまな市場をターゲットとする、新たなビジネスモデルを提案する。

このソリューションを利用すると、インターネット環境が不安定でも、「HULFT IoT」でつなぐことにより、コストを重視しながらも確実な送信確認、および送達エラー時の再送信の自動化を実現するという。また、データの暗号化によってセキュリティの確保を図るとした。

利用法としては、例えば、PCやデバイスから収集したログなどのデータをNASであるTS6000シリーズへ集約し、HULFT IoTがデータを暗号化することで、インターネット経由でもセキュアに送信が可能となるほか、データの圧縮、解凍、再送信の自動化を行えるとのこと。

両社では、このソリューションにより、情報システム担当者の不足やITスキルの課題を簡単な設定でカバーし、事業継続性の確保とBCPの確立を支援するとアピールしている。

No image

石井 一志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加