和田毅、40歳で規定投球回&2桁勝利ならパで初

和田毅、40歳で規定投球回&2桁勝利ならパで初

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14
No image

キャッチボールを行う和田毅(代表撮影)

ソフトバンク和田毅投手(39)が「長寿トレ」で40歳での規定投球回&2桁勝利に突き進む。14日、長崎市内で自主トレを公開。2月に40歳になるチーム最年長は初めて「ピラティス」を導入した。各スポーツ界で、長年活躍した選手らも取り入れたトレーニングでけがに強い体を作り、全盛期ばりのフル回転を誓う。

◇   ◇   ◇

▼同一年に2桁勝利を挙げ規定投球回に到達した、満40歳以上の投手はソフトバンクにはいない(前身球団含む)。過去の最年長は37歳スタンリッジで、15年に10勝&防御率3・74。日本人では、36歳の工藤公康が99年に11勝&2・38。なおパ・リーグ最年長は村田兆治(ロッテ)で、39歳だった88年に10勝&3・89をマークしている。

和田がこれらの数字をクリアすれば、球団のみならずパで初となる。なお2桁勝利のみの球界年長は、43歳の山本昌(中日)08年11勝。規定投球回到達の最年長は42歳の大野豊(広島)で、97年に防御率2・85の好成績でタイトルを獲得している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加