生成AIについて政府が「論点整理」

生成AIについて政府が「論点整理」

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/05/27
No image

動画を見る(元記事へ)

政府はチャットGPTなどの生成AI(人工知能)に対する考え方の論点を整理し、偽情報や著作権侵害などリスク対応の必要性を強調しました。

河野デジタル大臣:「我が国における社会的課題の解決や経済成長につながる可能性を秘めていると思っています」

「論点整理」では、生成AIの登場が幅広く生活の質を向上させる「歴史の画期」となる可能性があると位置付けています。

一方で、機密情報の漏洩(ろうえい)や失業者の増加など7つのリスクを明示し、偽情報が「社会を不安定化、混乱させるリスクがある」と指摘しています。

さらに著作権侵害が大量に発生し、解決が困難となる恐れがあるとして必要な対応の検討を求めています。

政府は、こうした内容を来月取りまとめる「骨太の方針」などに反映させたい考えです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加