【コラム】桑田佳祐の歌が「みんなのうた」になった軌跡を刻むベストアルバム『いつも何処かで』

【コラム】桑田佳祐の歌が「みんなのうた」になった軌跡を刻むベストアルバム『いつも何処かで』

  • BARKS
  • 更新日:2022/11/25
No image

桑田佳祐ソロデビュー35周年を記念した35曲入りの最新ベストアルバム『いつも何処かで』が、11月23日にリリースされた。1992年から10年おきにリリースされてきた桑田佳祐の企画アルバムシリーズは、長年のファンにとっては思い出の扉をもう一度開く鍵として、若いリスナーにとってはJ-POPの歴史を作って来たレジェンドの世界への新たな入口として機能してきた。今回も両者のバランスを取った絶妙な選曲で、さらに2022年リリースの最新曲が3曲もある。聴かずにはいられない。

中心となるのは、80年代から2020年代にわたって燦然と輝くビッグヒットたち。1986年にKUWATA BANDで発表した「BAN BAN BAN」「MERRY X’MAS IN SUMMER」を筆頭に、1987年のソロデビューシングル「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」と2作目「いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)」など、時を超えて輝くメロディがある。94年の「月」、2000年代の「波乗りジョニー」や「白い恋人達」そして「明日晴れるかな」、2011年の「明日へのマーチ」や2021年の「SMILE~晴れ渡る空のように~」など、当時の時代背景を色濃く背負った曲たちがある。聴くだけでその時の自分の感情と、共に聴いていた誰かの顔を思い出す。時代と人に寄り添うヒット曲の醍醐味がここにある。

一方で、アルバム曲やシングルのカップリングなども多い。DISC-1の1曲目を飾るのは5thアルバム『がらくた』からの「若い広場」で、ラストを締めるのは1stアルバム『Keisuke Kuwata』からの「誰かの風の跡」だ。ボブ・ディランを思わせる「それ行けベイビー!!」(4thアルバム『MUSICMAN』)や、ケレン味のないシンプルなロックンロール「NUMBER WONDA GIRL~恋するワンダ~」(シングル「風の詩を聴かせて」カップリング)など、リード曲にはないラフでワイルドな側面が聴けるのも楽しい。時系列にとらわれない曲順も、聴き馴染んだ楽曲を新鮮な気持ちで再発見させることに大いに貢献している。

そして最大の注目はやはり新曲3曲だ。まず桑田自身が出演するSOMPOグループCMソングとして今年春からオンエアされていた「平和の街」は、今回がCD初収録。ルーツの一つである60/70年代のアメリカンポップス、特にビーチボーイズやフィル・スペクターへのリスペクトを強く感じさせる音作りで、手拍子やグロッケン、ドゥーワップ・コーラスなどの響きが実に心地よく軽やか。“平和の街で共に生きよう”というフレーズはあまりにもシンプルで、だからこそ奥深く、2022年の今に強いメッセージを放つ。桑田佳祐らしいエヴァーグリーンなポップチューンだ。

5月に配信リリースされた「時代遅れのRock’n’Roll Band」は、1955~56年生まれの同学年である佐野元春、世良公則、Char、野口五郎の参加が大きな話題を集めた1曲。長引くコロナ禍や終わらない紛争、格差と差別の問題など、2022年の世界と時代を見据えたシリアスなメッセージはまさに現代のプロテストソングだ。しかし耳に入る印象は明るく前向きで、明朗で骨太なロックンロールに乗せてボーカルパートを分け合いながら歌う姿が、ロックバンド本来の楽しさを生き生きと伝えてくれる。5人が一同に会したミュージックビデオも必見だ。

3曲の中でも書き下ろしの最新曲、自身が出演するユニクロ「Life Wear/ヒートテック 夜の遊園地編」CMソングになった「なぎさホテル」は、桑田の地元・茅ヶ崎から少し離れた逗子にかつて存在したホテルの名に、過ぎ去った夏と海の追憶を重ねた、ノスタルジックでドリーミーなスローチューン。繊細な打ち込みと柔らかなエレクトリックピアノ、ストリングスの響きもどこか幻想的で、セピアがかった古い写真を見るような独特のせつなさが胸を打つ。“ふたりの夏は今も続く”というフレーズに、特に古くからのファンは心揺さぶられるだろう。夏と海と青春をテーマにした数多くの桑田佳祐/サザンオールスターズの楽曲リストに、また一つ大切な曲が加わった。

アルバムタイトルの『いつも何処かで』は、かつてのシングル曲「いつか何処かで(I FEEL THE ECHO)」を踏まえた言葉のレトリックでありつつ、漠然とした“someday somewhere”が確信的な“anytime anywhere”に進化したような、より具体的な聴き手の存在を強く感じさせる意味があるように感じる。35年を経て、桑田佳祐の歌が時代を超える「みんなのうた」になっていったことが、この35曲を聴くとしみじみと実感できるような気がする。

全国6都市で開催中の<桑田佳祐 LIVE TOUR 2022「お互い元気に頑張りましょう!!」supported bySOMPOグループ>は、12月17日の札幌ドームでファイナルを迎える。さらに、12月28日、30日、31日に神奈川・横浜アリーナで追加公演<桑田佳祐 LIVE TOUR 2022「年末も、お互い元気に頑張りましょう!!」supported bySOMPOグループ>を開催。そして年が明ければ2023年は、サザンオールスターズのデビュー45周年イヤーだ。新たな10年はどんな時代になるだろう。「お互い元気に頑張りましょう!!」という言葉を噛みしめながら、『いつも何処かで』を聴きながら、桑田佳祐の次のアクションを楽しみに待ちたい。

文:宮本英夫

【リリース情報】

No image

ベストアルバム『いつも何処かで』
11月23日(水・祝)リリース

完全生産限定盤A [2CD+Special T-Shirt(S size)] 品番:VIZL-2600 価格:¥7,150 (税込)
完全生産限定盤B [2CD+Special T-Shirt(M size)] 品番:VIZL-2601 価格:¥7,150 (税込)
完全生産限定盤C [2CD+Special T-Shirt(L size)] 品番:VIZL-2602 価格:¥7,150 (税込)
完全生産限定盤D [2CD+Special T-Shirt(XL size)] 品番:VIZL-2603 価格:¥7,150 (税込)
通常盤 [2CD] 品番: VICL-67200~67201 価格:¥3,740(税込)

<収録曲>
[DISC-1]
1.若い広場
2.いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)
3.波乗りジョニー
4.ほととぎす [杜鵑草]
5.明日へのマーチ
6.可愛いミーナ
7.悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
8.JOURNEY
9.Soulコブラツイスト〜魂の悶絶
10.君にサヨナラを
11.MERRY X’MAS IN SUMMER
12.風の詩を聴かせて
13.SMILE〜晴れ渡る空のように〜
14.平和の街 <2022年 新曲>
15.DEAR MY FRIEND
16.NUMBER WONDA GIRL〜恋するワンダ〜
17.誰かの風の跡

[DISC-2]
1.時代遅れのRock’n’Roll Band feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎 <2022年 新曲>
2.明日晴れるかな
3.鏡
4.Yin Yang(イヤン)
5.銀河の星屑
6.ダーリン
7.BAN BAN BAN
8.月
9.炎の聖歌隊 [Choir(クワイア)]
10.ヨシ子さん
11.現代東京奇譚
12.100万年の幸せ!!
13.ROCK AND ROLL HERO
14.それ行けベイビー!!
15.白い恋人達
16.EARLY IN THE MORNING〜旅立ちの朝〜
17.傷だらけの天使
18.なぎさホテル <2022年 新曲>

※尚、今回アルバムに収録される楽曲「時代遅れのRock’n’Roll Band feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎」から得られる収益の一部は、困難に直面している世界の子どもたちの未来といのちを守るために、セーブ・ザ・チルドレンへ寄付させていただきます。

<完全生産限定盤同梱 Special T-Shirt「Anytime, Any-wear Tシャツ」>
桑田佳祐が音楽を作り続けたビクタースタジオが建つ、東京・千駄ヶ谷。数々の楽曲が”此処“から生まれた。
そんな場所で、何気なく、自転車を走らせる。そこには、飾らない日常を特別な日にする音楽があった。場所を選ばす、“ いつも = Anytime / 何処でも = Any(where)/ 着られる = wear ”デザインに、タグまでこだわった上質な一枚。
サイズ:S/M/L/XL
素材:素材:コットン100%
桑田佳祐 2022年 特設サイトhttps://special.southernallstars.jp/kuwata2022

【ツアー情報】

<桑田佳祐LIVE TOUR 2022「お互い元気に頑張りましょう!!」supported by SOMPOグループ>
■宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ (開催済)
11月2日(水)17:30開場/18:30開演
11月3日(木・祝)16:00開場/17:00開演
<問い合わせ>GIP http://www.gip-web.co.jp/t/info(お問い合せフォーム)
<チケット一般発売日>10月22日(土)12:00〜

■福岡PayPayドーム
11月12日(土)15:00開場/17:00開演
<問い合わせ>BEA 092-712-4221(平日月~金 12:00~17:00)
<チケット一般発売日>11月5日(土)12:00〜

■バンテリンドーム ナゴヤ(旧ナゴヤドーム)
11月19日(土)15:00開場/17:00開演
11月20日(日)15:00開場/17:00開演
<問い合わせ>サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(12:00〜18:00)
<チケット一般発売日>11月12日(土)12:00~

■京セラドーム大阪
12月3日(土)15:00開場/17:00開演
12月4日(日)15:00開場/17:00開演
<問い合わせ>キョードーインフォメーション 0570-200-888(日・祝日休業 11:00~18:00)
<チケット一般発売日>11月26日(土)12:00〜

■東京ドーム
12月10日(土)15:00開場/17:30開演
12月11日(日)15:00開場/17:30開演
<問い合わせ>キョードー横浜 045-671-9911(月~土11:00〜15:00)
<チケット一般発売日>12月3日(土)12:00〜

■札幌ドーム
12月17日(土)15:00開場/17:00開演
<問い合わせ>ウエス(WESS)info@wess.co.jp
<チケット一般発売日>12月10日(土)12:00〜

TICKET
チケット料金
全席指定11,000円(税込)
※5歳以上有料/4歳以下で座席が必要な場合は有料となります。

■横浜アリーナ追加公演
<桑田佳祐 LIVE TOUR 2022「年末も、お互い元気に頑張りましょう‼」supported by SOMPOグループ>
12月28日(水) 16:30開場/18:00開演
12月30日(金) 15:30開場/17:00開演
12月31日(土) 20:00開場/21:30開演

※12月31日(土)公演は深夜公演となるため、神奈川県青少年保護育成条例により、18歳未満の方は20歳以上の方が同伴でもご入場いただけません。予めご了承ください。
※開場・開演時間は変更となる場合がございます。

<チケット先行受付(抽選)>
オフィシャルファンクラブ サザンオールスターズ応援団 先行受付
受付期間 2022年11月14日(月)12:00〜11月20日(日)23:59

ベストアルバム『いつも何処かで』購入者対象 先行受付
受付期間 2022年11月22日(火)10:00〜11月28日(月)23:59

▼チケットに関する詳細は、特設サイトをご覧ください
ツアー特設サイトhttps://special.southernallstars.jp/kuwata2022/tour/

関連リンク

◆桑田佳祐 2022年 特設サイト
◆サザンオールスターズ オフィシャルサイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加