関東の梅雨入りは難しいパターン 梅雨前線の北上は一時的

関東の梅雨入りは難しいパターン 梅雨前線の北上は一時的

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2021/06/10
No image

2021/06/10 17:54 ウェザーニュース

今日10日(木)は青空が広がり、東京で真夏日になるなど梅雨の気配は感じられません。週末は梅雨前線が北上するものの一時的で梅雨入りのタイミングが難しいパターンです。

梅雨前線の北上は一時的

関東はここ数日、勢力の強い高気圧に覆われ、晴れて暑い日が続いています。高気圧は段々と東に離れていくものの、動きが遅いため明日11日(金)も青空が広がる見込みです。

13日(日)になると梅雨前線が西から伸びて、14日(月)には関東に近づく予想となっています。このまま梅雨前線が停滞すれば梅雨入りとなるのですが、夏の高気圧の北への張り出しが弱いため15日(火)~16日(水)にかけては再び日本列島から離れる可能性が高い状況です。

来週も雨の降る日は少ない予想

No image

関東の週間予報

ウェザーニュースが10日(木)に発表した週間予報では、関東各地とも13日(日)は雲の広がる日が続く見込みです。ただ、雨が降るのは14日(月)のみで、その後は前線の南下により一時的に晴れ間が出る可能性もあります。

現時点で来週以降の梅雨前線の位置や活動の予想に不確実性があるため、梅雨入りの判断はその動向によって変化すると考えられます。

最新の1か月予報では、夏の高気圧が勢力を強め本州付近に梅雨前線が停滞しやすくなるのは6月下旬以降となる予想です。梅雨入りしても、本格的に雨の日が続くようになるのは少し先になるかもしれません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加