巨人 徹底した千賀対策も...あと一本出ず 原監督「まあ1点を取ったところでスタート」

巨人 徹底した千賀対策も...あと一本出ず 原監督「まあ1点を取ったところでスタート」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/24

◇SMBC日本シリーズ2020第1戦 巨人1―5ソフトバンク(2020年11月21日 京セラD)

No image

<巨・ソ>初回2死一塁、千賀にバットを折られ捕邪飛に打ち取られる岡本(撮影・木村 揚輔)

巨人は徹底したソフトバンク・千賀対策で何度も好機はつくった。しかし、あと一本が出なかった。原監督は攻撃陣について「ランナーはよく出るけどね。まあ(9回に)1点を取ったというところで、スタートを切ったというところでしょう」と振り返った。

最速161キロに落差の大きい「お化けフォーク」を持つ剛腕攻略のため、低めの変化球を捨てた。36球中21球を見逃してボールに。160キロ超のマシンで目慣らしをしてきた打線は2、7回以外は走者を出した。

4回には連続四球で無死一、二塁。丸が2球連続で低めのスライダーを見極めたが、3球目の外角低め154キロ直球を打ち損じ遊ゴロ併殺に倒れた。

「いいところもあった」と指揮官。やり返すチャンスはまだ残っている。(青森 正宣)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加