“おじさん見え”を回避できる、カーディガンの上手な着こなしテク!

“おじさん見え”を回避できる、カーディガンの上手な着こなしテク!

  • Safari Online
  • 更新日:2021/11/27

ちょっと肌寒いときに重宝するのがサッと羽織れるカーディガン。でもこのカーディガン、年を重ねると苦手意識が芽生える人が意外と多い。その理由は、なぜか“おじさん見え”してしまうから。でもその原因は、自分がつくっているのかもしれない!?

No image

というのも、そんな人はきっと、大人っぽさを出そうと襟付きシャツを合わせているのでは? はい、実はこれがおじさん見えの原因になっている可能性大。で、原因さえわかれば苦手意識を克服するのは意外とカンタン。だって、襟のないクルーネックカットソー系アイテムを合わせて、ゆる〜く着こなすだけだから。襟付きで変に品よく着こなそうとするより、肩の力を抜いて着たほうが老けて見えたりしないってわけ。

◆使ったカーディガンはコレ!◆

[トゥモローランド トリコ]TOMORROWLAND TRICOT

No image

7万4800円(トゥモロー トリコ/トゥモローランド)

とろけるカシミヤ仕立てと編み柄で上品な雰囲気に!

イタリア製の上質なカシミヤを贅沢に使い、ふっくら柔らかに編み立てたケーブルニットカーディガン。テロテロではなく、しっかりとした厚みがあるので、カットソーの上に羽織るだけでも十分暖かい。リブがアクセントになった前ポケットの柄をボディと合わせるなど、細部のつくりこみからも上質感が伝わってくる1枚。

《シーン別》

こんなコーディネートはいかが?【ご近所カーデスタイル!】

No image

カーディガン7万4800円(トゥモローランド トリコ/トゥモローランド)、スウェットシャツ1万7050円(ベルバシーン/トップウィンジャパンショールーム)、スウェットパンツ2万8600円(ロンハーマン)、サングラス5万600円(モスコット/モスコット トウキョウ)、スニーカー6万8200円(ゴールデン グース/ゴールデン グース 東京店)

スウェットシャツの上に羽織って大人感をキープしたご近所コーデ!

カーディガンを襟なしのクルーネックを合わせるとどうなるのか? ここではその着こなしサンプルを見てみよう。まずは、ワンマイル圏内のお出かけコーデの場合。インに合わせたのは、カレッジっぽいプリントの丸首スウェット。さらにパンツもスウェットというセットアップコーデだ。スウェットはスポーツアイテムでもあるから、若々しく見せる効果も期待できる。しかも、カーディガンの品のよさが、スウェットのゆるさを中和してくれるので、大人らしさを意識したご近所コーデにぴったり。

【お出かけカーデスタイル】

No image

カーディガン7万4800円(トゥモロー トリコ/トゥモローランド)、ボーダーTシャツ2万900円(ロンハーマン)、スウェットパンツ2万3100円(ラグ & ボーン/ラグ & ボーン 表参道店)、シューズ2万6400円(ジーエイチバス/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

すまし顔のボーダー柄はおじさん見え予防効果も絶大!

今度は、ショッピングやカフェなど街にお出かけする場合。こういうときは、同じ丸首でも清々しさを印象づけられるボーダー柄カットソーをイン。ボーダー柄の演出効果には侮れないものがあって、襟なしなのに不思議と品よく見えるのがおわかりいただけるかと。実はこのコーデは、カーディガンの配色に柄とパンツの色を合わせ、ネイビーの面積を大きめにしているのもポイント。この配色にすることで、カジュアルさを抑え、おじさん見えを回避する効果も一段と高められる。

◆ほかにもこんなカーデがおすすめ!◆

No image

26万7300円(バリー/コロネット)

わかる人にはわかる柄でセンスよくブランドアピールを!

黒無地カーデと思いきや、近づくと〈バリー〉のチェッカーボード柄が浮かび上がるという、遊び心を感じる1着。こういったトーナルカラーでさりげなく描いた編み柄は、クルーネックをインするだけのシンプルコーデだからこそ映える。もちろん、わかる人にはちゃんと伝わるブランドアピールにもなる。

[レミ レリーフ]REMI RELIEF

No image

3万9600円(レミ レリーフ/ユナイト ナイン)

ふわもこなアルパカニットは見た目も着心地も癒し系!

こちらのカーデは、もこもことしたシャギーな風合いに癒しを感じるアルパカニット仕立て。ドロップショルダーを採用し、身幅や袖をゆったり仕上げたオーバーサイズシルエットが特徴的で、着てみるとふっくらと丸みを帯びたシルエットを描き出せる。Mサイズでも身幅が67cmもあるけど、着丈は65cmと短めな設計。だらしなく見えないビッグシルエットに仕上がっている。今季は茶系も注目だから、ワントーンコーデをつくればデートっぽく仕上がるはず。

INFORMATION

●ゴールデン グース 東京店
TEL:03-6803-8272

●コロネット
TEL:03-5216-6518

●トゥモローランド
TEL:0120-983-522

●トップウィンジャパンショールーム
TEL:03-3406-6001

●バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター
TEL:0120-137-007

●モスコット トウキョウ
TEL:03-6434-1070

●ユナイト ナイン
TEL:03-5464-9976

●ロンハーマン
TEL:0120-008-752

写真=丸益功紀 スタイリング=浅井秀規 文=遠藤 匠
photo : Kouki Marueki(BOIL) styling : Hidenori Asai text : Takumi Endo

Safari Online 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加