神戸判定に泣き4連敗「手に当たったよう」三浦監督

神戸判定に泣き4連敗「手に当たったよう」三浦監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/19
No image

神戸MFイニエスタ(2020年7月4日撮影)

<明治安田生命J1:広島2-1神戸>◇第23節◇18日◇Eスタ

ヴィッセル神戸MFイニエスタらの審判への抗議も届かなかった。1点を追う後半終了間際、FW古橋のクロスは、ペナルティーエリア内にいた広島MF東の左手に当たったように見えたが、ハンドの判定はなし。

三浦監督は「左手のひらに、しっかり当たったように見えた。線審も目の前にいた」とぶぜん。1得点のDFダンクレーは「ジャッジミスは残念」。これで苦手広島には4連敗となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加