義理息子柄本佑に奥田瑛二「下手したらなめられる」

義理息子柄本佑に奥田瑛二「下手したらなめられる」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

映画「痛くない死に方」の初日舞台あいさつに出席した柄本佑(撮影・三須佳夏)

柄本佑(34)と奥田瑛二(70)が20日、都内で映画「痛くない死に方」(高橋伴明監督)の初日舞台あいさつを行った。

高橋監督の大ファンだったという柄本は「作品に出るのが夢でした」と感無量の表情を見せた。奥田は冒頭「隣にいるのが義理の息子です」と娘の安藤サクラの夫、柄本を紹介。撮影前、主役が柄本だと分かった時は「困った。監督だけでも信頼関係を獲得するのに大変なのに、柄本の前で、もし、下手なことをしたらなめられる。二重苦みたいなものでした」と振り返った。宇崎竜童、高橋監督も登壇。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加