山本圭壱&西野未姫の結婚にみる「モテるデブ」に共通している3つの特徴

山本圭壱&西野未姫の結婚にみる「モテるデブ」に共通している3つの特徴

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2022/11/25

―[モテるデブには理由がある]―

こんにちは、日本のデブ諸氏の笑顔製造マシンとして日夜活動、「心もカラダもビッグサイズな男たち」に向けてファッション&ライフスタイル情報を発信するWebマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科典仁です。

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱さん(54歳)と元「AKB48」の西野未姫さん(23歳)が11月22日(いい夫婦の日)に結婚を発表されました。まずはじめに、ご結婚おめでとうございます!

◆山本圭壱殿、あなたは日本のデブの“希望の光”です!

No image

画像は、YouTube「極楽とんぼ山本圭壱 けいちょんチャンネル」の動画『極楽とんぼ 山本圭壱より皆様へご報告がございます』より

私は個人的にお二人とはまったく面識がないのですが、今回の朗報を知り、思わず目頭が熱くなってしまいました。それと同時に全国のデブ諸氏を代表して“山本さん! グッジョブ!!”と言わせていただきたいと思います。

なぜ私がこんなに喜んでいるのかは、全国のデブ諸氏の方々はうすうす検討はついていると思いますが、山本さんはデブなんです。“そんなの知ってるよ!”と突っ込まれる方も多いと思いますが、じつは山本さんは真の「意識の高いデブ」だったのです。

結婚の報告をされた西野未姫さんのTwitterに掲載されていた直筆のコメントがそれを物語っています。この文面には、私がこれまであげてきた「モテるデブの人物像」の要素がたくさん詰まっています。ここでは、そんな「デブリミナル効果」が西野さんに伝わったという3つのポイントを解説しましょう。

◆デブリミナル効果①「ホスピタリティを持っているデブは最強である!」

No image

画像は、西野未姫さんのTwitter(@mikinishino4)より

西野さんの文面には、次のように書かれています。

「山本さんは、私のダメなところも好きなところとして受け止めてくれる、とても素敵な人です」

これこそがモテるデブ。山本さんは、自分自身もダメな部分は多々あることをわかったうえで、相手のダメなところを受け入れる心の広さ、思いやりを持っているということが読み取れます。

どうしても人は自分のことは棚に上げておきながら、人の悪い部分を指摘しがちです。

デブは体型をはじめ、自分のマイナス面をわかっているからこそ、相手の悪い部分を受け入れ、ある意味それも個性として受け入れることが難なくできてしまう。まさに「モテるデブには人を想うホスピタリティがある」という私の持論に当てはまります。

◆デブリミナル効果②「空気のように安らげる包容力」

No image

「笑いの絶えない、そんな家庭を築きあげたい」と話す山本さん。画像は、YouTube「極楽とんぼ山本圭壱 けいちょんチャンネル」の動画『極楽とんぼ 山本圭壱より皆様へご報告がございます』より

同じく西野さんはこうも書かれています。

「32才という年の差はありますが、それを感じないくらい居心地がよくて、山本さんの前ではどんな時よりも自然体で、ありのままの私でいることができます」

こちらもホスピタリティにつながりますが、「Mr.Babe」の女性アンケートでもよく出てくるコメントなんです。「一緒にいると安らぐ」「気を使わなくて良い」などなど。

ある意味、女性側から見ると“動くぬいぐるみのクマさん”のような感覚になる方も多いようです。一方、これがふつうのイケメンだと「自分もちゃんとしていなきゃいけない」的な緊張感があったり、「この人にふさわしい外見や振る舞いを維持しなければ」というプレッシャーを感じたりするのだとか。

これから長く続いていく結婚生活を2人で過ごしていくという点で、これは非常に大きいです。山本さんは西野さんの話をたくさん聞いてあげたり、食事を楽しんだりと、常に心を開放できるような存在なのだということも読み取れるのではないでしょうか。

◆デブリミナル効果③「動けるデブ、健康的なデブは安心感を生む」

そして、最後の文面です。

「山本さんにずっと健康でいてもらいたいので一緒に体に良いご飯を作ったり、たくさんお散歩したりしながらいつまでも仲の良い夫婦でいられたらと思います」

山本さんはスポーツ万能で「動けるデブ」として知られています。野球はもちろん、ダンスや歌など、スポーツ系のセンスも持ち合わせていることもアドバンテージがあると言えます。

「デブなのに、あんなにフットワークが良いなんて!」という“ギャップ萌え”する女性は多く、山本さんは間違いなく「ギャップ萌え男子」としてのキャラクターも確立できているのだと思います。

どんな人でも太ってしまったり、体調を崩してしまう時期もあると思います。そんななかで山本さんと西野さんは「健康面」でもお互いに同じ意識を持ちながら食事や運動などを続け、楽しい結婚生活が送れる予感がいたします。

◆やっぱり、モテるデブには理由がある

私たちデブ諸氏にとって、似たような体型の有名人・著名人が素敵な恋愛や結婚をするといった報告はとても励みになります。個人的に言わせていただければ、ここ2~3年はあまり良いニュースがなかったなかで、今回の件は「大朗報!」ではないかと思っております。

山本さん、西野さん、どうか末永く幸せな結婚生活を送っていただき、全国のデブ諸氏の「希望の光」となっていただければ幸いです。それでは最後に山本さんの相方である加藤浩次さんのセリフをリスペクトしつつ、デブなりの名言で締めさせていただきます。

「デブがモテる時代、当たり前だからよ!!」

<文/倉科典仁>

―[モテるデブには理由がある]―

【倉科典仁】

渋谷系ファッション雑誌『MEN’S KNUCKLE』や暴走族雑誌『ティーンズロード』などエッジの効いた若者カルチャーをテーマにした雑誌を多数手掛ける。現在はWebマガジン『Mr.Babe』でデブに特化したファッション&ライフスタイル情報を発信中。2019年9月よりデブ限定の会員制オンラインサロン「Mr.Babe BIG MAN’s LABO」を開設。大きな男たちだけで日本の経済を向上させるべく奮闘中(Twitterアカウント:@nori09140914

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加