腹筋見せのジェニファー・ロペス、その不変ぶりが話題に。

腹筋見せのジェニファー・ロペス、その不変ぶりが話題に。

  • フィガロジャポン
  • 更新日:2021/10/14

リドリー・スコット監督の新作映画『最後の決闘裁判』のプレミア上映会にパートナーのベン・アフレックとやって来たジェニファー・ロペス。ブラウンラメのクロップトップを着用して引き締まった腹筋を見せる姿は、2000年代もいまもほとんど変わらない。

【写真】20年前と変わらない、ジェニロペの美しさ。

No image

『最後の決闘裁判』のプレミア上映会に登場したジェニファー・ロペスとベン・アフレック。(ニューヨーク、2021年10月9日). photo:Abaca Press

ツヤ肌にハニーカラーの髪、きりっとした眼差し。歳月を経ても放つオーラは変わらない。90年代のデビュー以来、ジェニファー・ロペスといえば女らしさあふれるルックが思い浮かぶ。

リドリー・スコット監督の『最後の決闘裁判』のプレミア上映会でフォトコールに登場した時は、エルベレジェのブラウンラメロングスリットスカートとクロップトップのセットアップが引き締まったボディを最高に引き立てていた。この映画の出演者であるベン・アフレックも一緒だった。引き締まった腹筋にクロップトップ、むっつりした茶髪の大男と一緒にレッドカーペットにいる……って、なんだか見たことのある光景だ。

バック・トゥ・ザ・2000年代

そう、まるで2000年代のジェニロペを見ているよう。30歳の頃、「Waiting for Tonight」などで、歌手としてすでにヒットを飛ばしていたジェニファーは、筋肉質な体型でクロップトップを愛用し、ベン・アフレックと付き合っていた。

ちなみにクロップトップは21世紀初頭のアイコニックアイテムだ。17年経ち、同じ光景が繰り返される。ベニファーの通称で呼ばれるふたりは2003年に別れた後、今年の夏によりを戻したことを公にした。

52歳になったジェニファー・ロペスは、ステージ活動が忙しかった若い頃のように腹筋を見せ、時間を超越していることを示している。

text:Blanche Marcel (madame.lefigaro.fr)

フィガロジャポン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加