混戦パ・リーグ最終盤の鍵握るロッテがオリに快勝 23日から4連戦ソフトも倒して盛り上げるか

混戦パ・リーグ最終盤の鍵握るロッテがオリに快勝 23日から4連戦ソフトも倒して盛り上げるか

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/23

◇パ・リーグ ロッテ13ー5オリックス(2022年9月22日 京セラD)

No image

<オ・ロ> 3回無死、美馬はオリックス・伏見を三ゴロに抑えグラブを叩く (撮影・後藤 大輝)

ロッテが22日のオリックス戦(京セラD)に勝ち、V完全消滅を免れた。

初回、3番中村の二塁打、7番山口の2点二塁打などでイッキ4点。逆転優勝へ負けられないオリックスに、強烈な先制パンチを見舞った。4回には山口の2ランで6―1と突き放すと、6回には角中が今季1号の3ランでダメ押し。7回には山口が2打席連発の13号ソロ、さらに8回にこの試合3発目の14号3ランが飛び出すなど、今季最多の18安打で13点。投げては美馬が6回1失点で自身5連勝を飾った。井口監督の来季続投が基本線であることが判明した翌日の快勝劇だった。

自力CSの可能性がないとはいえ、3位楽天とは2・5ゲーム差。ロッテは残り8試合。楽天は残り9試合。あす23日からソフトバンク4連戦含む5試合を残すロッテがCS争いに燃えれば燃えるほど、パ・リーグの優勝争いは最後まで盛り上がることになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加