「ほんとに結界張れそう」「夜見たら失神する」 赤く光る「ハイテク御札」がカッコよすぎて、妖怪も裸足で逃げ出すレベル

「ほんとに結界張れそう」「夜見たら失神する」 赤く光る「ハイテク御札」がカッコよすぎて、妖怪も裸足で逃げ出すレベル

  • Jタウンネット
  • 更新日:2022/08/06

日本の夏といえば――怪談だ。

毎年この季節になるとテレビでは心霊番組が放送され、お化け屋敷や肝試しが盛り上がり、SNS上でも心霊体験談が語られる。うだるような暑さを、肝を冷やすことで忘れさせてくれる夏の風物詩だ。

しかし、「怖い話をすると霊が寄ってくる」という話もあるが......そんな時、悪霊や妖怪が裸足で退散していきそうな「カッコよすぎる御札」がツイッター上に投稿され話題になっている。

サイバーパンクお札。一応完成

すっごい光るよ! pic.twitter.com/2OL34CMxiq
— Dai@Blender勉強中 (@Dai_Herreria)
July 23, 2022
from Twitter

この動画は、2022年7月23日、ツイッターユーザーのDai@Blender勉強中(@Dai_Herreria)さんが投稿したものだ。

灰色のフレームでふちどられた透明なお札には、「妖怪除守護府」という文字と勾玉が2つ組み合わさったような「陰陽太極図」が書かれている。それを親指で触れると、赤い光が!

その色味やじんわり光ってじんわり消える演出、ジジジジジジ......という独特な機械音はまさにサイバーパンク。

このハイテクすぎるお札、一体どうやって作成したのか? Jタウンネット記者は1日、Daiさんに話を聞いた。

薄い「御札」をいかに再現するか

Daiさんは3Dプリンターなどを用いてコスプレ用の小道具を制作する「コスプレ造形師」。光るお札は「東方Project」のキャラクター・博麗霊夢が持っているものをモチーフに、電飾を使ったコスプレ作品の制作などを行う友人の五味(@GomiHgy)さんと一緒に作ったという。

一体どんな方法で作ったのかをDaiさんに聞いてみると、

「3ミリのアクリルを2枚、レーザーカッターでカット・彫刻し、それを重ねています。それに対して周囲から光を当てると、彫刻部分が光るように見えます。フレームの部分はCADで設計し3Dプリンターで出力しました。ちなみに、3Dプリンター、レーザーカッター共に家庭用の物です」

と答えた。工程はシンプルだが、やはりその過程には苦労もあったという。

「御札という『薄いもの』を再現するにあたって、重さや・厚みをどこまで許容できるかに大分悩みました。結果的にいいバランスに落ち着いたと思っています」(Daiさん)

それをふまえてもう一度動画を見てみると、サイバー感を出しつつも「御札」としての絶妙なバランスの薄さを実現しており、そのこだわりが改めて分かる。

No image

技術力の高さがココにも...!(Daiさんのツイートのスクリーンショット)

この厨二心をくすぐられるサイバーパンクなお札はツイッター上で話題になり、8月3日昼時点で5万件のリツイート、21万9000件のいいねが集まっているほか、

「ゲーミング御札かっこいい!」「陰陽師が術使った時みたいでかっちょいい」「ほんとに結界張れそうですね⁉️」「夜見たら失神するレベル」

など、感嘆の声が寄せられている。

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加