ぼったくりキャバクラで働いていた女性の証言「客は気の弱そうな人ばかり...」

ぼったくりキャバクラで働いていた女性の証言「客は気の弱そうな人ばかり...」

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2020/05/23

夜の街のトラブルで多い、ぼったくり。被害に遭った経験を持つ人もいるのではないだろうか。今回、勤務する店がぼったくりキャバクラだったと語るキャバ嬢に話を聞くことができた。

◆ある日突然、ぼったくり店になったキャバクラ

No image

ぼったくりキャバクラについて語ってくれたのは、莉奈さん(仮名・23歳)。現在女子大生だ。両親にキャバクラで働くことを秘密にしていたこともあり、歌舞伎町の小さな店を選んだという。

「お金は稼ぎたいけど、目立たず働きたい。そんな私にとってピッタリの店でした」

時給は3000円、そこから雑費として2割ほど引かれる。客単価が低いため、客層もあまりよくなかったとか。

「安さ重視でキャバクラ探しをしているお客さん専門って感じでしたね。ドリンクはほとんど出ないし、リピーターさんも少なかったです。金曜日の夜は忙しかったですが、その他の日は暇で、早上がりも多かったです。お店を変えることも考えたのですが、有名店は大変そうだと思ったら面倒になっちゃって、まあいいかなと。そんな感じでのんびりとやってたんですが、ある日を境にガラリと変わったんです」

莉奈さんが在籍して半年頃、キャッチに連れられて泥酔した男性客が2名来店してきたそう。

「すごく酔っていましたが、キャストに対して“お酒飲む?”とか声かけてくれて好印象でした。お店が暇だったので、ボーイさんたちもキャストと一緒になってお酒をどんどん進めたんです。あんなに盛り上がったの初めてかも」

今までに経験したことがないほどの盛り上がりが、2時間ほど続いたと彼女は話す。

「お客さんがチェックして、ボーイさんがお会計を持ってきました。その金額に、私たちもびっくり! なんと総額100万円だったんです。シャンパンとか高級なお酒が注文されていたなら分かるんですが、大五郎の水割り、おつまみのポッキー、女の子指名料で100万ですよ。

大五郎の水割りは1杯2万円、おつまみのポッキーは5万円、そして女の子指名料が30万円、女の子用のノンアルコールドリンクが1杯2万円。通常金額の10倍以上となっていて。すぐにぼったくりだっていうことに気づきました。女の子たちもドン引き。お客さんも青ざめた表情でしたね。でも、なんと全額支払ったんですよ」

客の2人は店に運転免許証を預け、翌日現金で100万円を持ってきたというから驚く。

No image

「正確には運転免許証を取り上げられていましたね、あれは間違いなく犯罪なんじゃないかと思います。でもボーイさんたちは大笑いしていました。“今日は大儲け~!”とか言ってたかな」

その日から、莉奈さんの店はぼったくりキャバクラとして姿を変えたのだ。

◆警察を呼ばれたこともあったが…

「ぼったくりキャバクラに変わってから、気の弱そうな人や泥酔したお客さんばかりになりました。多分、お店側とキャッチのお兄さんで話が付いていたんだと思います。女の子たちもぼったくりだって知ってるので、無理にお酒を進めたり飲みたがったりしなくなりました。でも、ボーイさんからは“もっと頑張ってもらわないと”って、前よりも圧をかけられるようになったんです」

テーブルには小さな文字で、“女の子にドリンクを出した時点で指名・延長声掛けなし”と書いてあったりと、ぼったくる気満々。中には警察を呼ぶと通報した客もいたが、最終的には客側が支払わざるを得ない状況だったそうだ。

「このままじゃこの店は摘発される、そうしたら私は親バレするし、就職にも影響するって思ったんです」

莉奈さんは自分の身を守るため、お店をバックレることを決意した。

◆電話とLINEが鳴りっぱなしの毎日

「バックレるのは超怖かったですよ。ボーイさんにシフトを聞かれたんですが、“学校の授業があるから待って欲しい”って嘘をつきました。最後の出勤日、バックレることがバレないように、お気に入りのドレスや化粧品だけを持って帰りました。まだ貰ってない分のお給料もあったんですが、手切れ金として諦めることに。5万円くらいだったので、ちょっと残念でしたね」

だが当然、莉奈さんがバックレたことはすぐに店側にバレてしまう。

No image

「昼夜問わず電話とLINEが鳴りやみませんでした。“二度と歌舞伎町に来るな”とか“親にばらすぞ”って書かれていて怖かったです。既読を付けた時は心臓がバクバクしました」

怖くなった莉奈さんは、LINEをブロック。その後、電話も来なくなったと安心した表情で話す。

「自分から逃げたお店だったけど、その後が気になっちゃって、ずっとホームページをチェックしていたんです。“ぼったくりキャバクラ怖い!”とか言ってた女の子たちも辞めたのかと思ったら、意外と残ってて笑っちゃいました。辞めるに辞められない理由のある女の子も多かったですしね、ホスト狂いとか。あんな店でよく頑張るなーって感じです」

ちなみにその後、ぼったくりキャバクラは閉店したそうだが、現在は店名を変えて営業しているという。恐ろしい話である。

ぼったくりキャバクラに関するトラブルは、警察が介入してくれないケースも多い。トラブルに遭わないようにするためにも、知名度の高い安心安全なキャバクラで遊ぶようにしよう。<取材・文/吉田みく>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“濃厚接触者”確認サービス開始 アプリで一目瞭然
和室に合うカーテン特集!畳にも合う色や素材を知ってモダンなインテリアに♪
「三十路の女には、ロクな男が寄り付かない」55歳の風俗嬢が“救いの神”を待ち続ける理由
ケニアとか海外によくある「便座がないトイレ」の正しい使い方をケニア人に聞いてみた! カンバ通信:第3回
怒った猫にカラオケマイクを向けてみると...なかなかの美声(動画)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加