DeNA・森敬斗がプロ初本塁打 「ランナーを進める意識が良い結果に」 高卒3年目のドライチ内野手

DeNA・森敬斗がプロ初本塁打 「ランナーを進める意識が良い結果に」 高卒3年目のドライチ内野手

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/06/23
No image

6回に2点本塁打を放ち生還したDeNA・森敬斗=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)

(セ・リーグ、巨人―DeNA、10回戦、23日、東京D)高卒3年目のDeNA・森敬斗内野手(20)が六回、右翼席へプロ初本塁打となる2ランを放った。1ボールからの2球目、戸田の低めの直球をすくい上げ「とにかくランナーを進める意識が良い結果につながったと思う。プロ初本塁打、うれしいです!!」とはにかんだ。

神奈川・桐蔭学園高から2020年にドラフト1位で入団。強肩、俊足も光る期待の遊撃手が、1軍の舞台でパワーも見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加