【富岡佳子「おしゃれの冒険の旅」vol.3】雨の日だって。カジュアルの仕上げは「傘」

【富岡佳子「おしゃれの冒険の旅」vol.3】雨の日だって。カジュアルの仕上げは「傘」

  • Web eclat
  • 更新日:2022/05/13

モデル・富岡佳子さんによる新連載「おしゃれの冒険の旅」。3回目のテーマは「傘」。長く愛用できる傘を選んで、雨の日のおでかけも楽しみたい。

「長く大切に使いたい――そんな一本にめぐり会えたら」

ずっと傘を探しています。上質だけど落ち着きすぎず、カジュアルにもなりすぎない。ふだんのファッションに寄り添ってくれ、愛着をもって何年も使える傘を。おしゃれをしても、ビニール傘では台なしですものね。バッグや靴にはお金をかけるのに、ビニール傘でOKというのはちょっと違うなと。

そんなふうに思って探しはじめたら、ハードルがどんどん上がってしまって(汗)。今回、撮影のためにたくさんの傘を集めてくださり、一度に見られる幸運にワクワク。例えば同じバンブーハンドルの傘でもディテールの差で「こんなに印象が違うんだ?」と驚きました。たたずまいの美しい傘は、ハンドルと傘地のバランスが絶妙だという発見も。写真の傘は個性的な立体感のあるカッティングで、ネイビーとブラウンというベーシックな配色が、洋服にも合わせやすそうです。

雨の翌日、道ばたにビニール傘が捨ててあるのを見るたびに心が痛みます。日本は世界で一番ビニール傘の消費量が多いとか。私は「安かったからまぁいいか」と簡単に捨ててしまう感覚がいやで、持ち物には等しく愛情をもっていたい。安価なものでも、気に入って入手したなら大切にします。自分自身が気分よくいられるためにも、使い捨てを減らし、お気に入りの一本を長く大切に使っていきたいと思うのです。

No image

傘¥18,700/エストネーション(ディチェザレ デザイン) ポンチョ¥49,500/ユナイテッドアローズ 原宿本店(ロエフ) ワンピース¥68,200/ザ・ウォール ショールーム(エアロン) デニム¥69,300/イーストランド(ヴィクトリア ベッカム) ネックレス¥39,600/エドストローム オフィス(ボニー) 靴¥99,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)

>>富岡佳子さんの記事一覧はこちら

撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/shuc(o 3rd) メイク/MASAYO TSUDA(mod’s hair) スタイリスト/百々千晴 モデル/富岡佳子 取材・原文/鈴木奈代 ※エクラ2022年6月号掲載

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加