東海大相模、6-0勝利にもエース・石田隼都「30点」/神奈川大会

東海大相模、6-0勝利にもエース・石田隼都「30点」/神奈川大会

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/22
No image

先発の東海大相模高・石田隼都=バッティングパレス相石スタジアムひらつか(撮影・加藤圭祐)

第103回全国高校野球選手権大会神奈川大会(22日、東海大相模6-0藤嶺藤沢、バッティングパレス相石スタジアムひらつか)5回戦で藤嶺藤沢と対戦した東海大相模は打線が4安打ながらも9四死球を生かし、6得点につなげた。エース左腕・石田(いした)隼都投手(3年)は先発で6回を投げ7三振を奪うなど3安打4四死球で無失点に抑え、8強入りを決めた。

テンポのよさが売りの一つの石田が何度か首をかしげた。相手打者が手を出せない球で三振を奪う一方で、はっきりとボールとわかる球で打者を歩かせもした。失点はしなかったものの、試合後の石田は「30点。低めにいっていても、コースに決め切れていない」と歯切れが悪かった。

チームは2019年春から、神奈川県内の連勝を45に伸ばした。しかし、門馬敬治監督は「(東海大)相模の野球でなくなっている」と首を振った。春夏甲子園連覇への険しい道のりに名将は、手綱を締めることを忘れない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加