「スッキリ」で「過剰な感染対策見直す時期」専門家指摘に加藤浩次「そうか」ネットは賛否

「スッキリ」で「過剰な感染対策見直す時期」専門家指摘に加藤浩次「そうか」ネットは賛否

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/13
No image

極楽とんぼ・加藤浩次

日本テレビ系「スッキリ」では13日、新型コロナウイルスの感染予防について特集。「過剰な感染対策を見直す時期」という専門家の意見を紹介した。

番組では「実は過剰なコロナ対策」として、「机や椅子を何度も消毒」「ビュッフェでの手袋」「エレベーターのボタンなどの抗菌シート」などを挙げた。

出演した「KARADA内科クリニック五反田院長」の佐藤昭裕医師は、接触による感染への対策を「アルコールによる手指衛生で十分」と話し、ビュッフェの際に手袋を装着することは「何度も使うと不衛生。トングを使えば大丈夫」とし、国が定めるガイドラインをアップデートする必要性や「感染対策をシンプルにしながら元の生活に戻すべき」と指摘した。

キャスターの加藤浩次は「そうか」と納得した様子。政府ではマスクに関しても熱中症対策として「屋外で距離十分なら外すことを推奨する」としている。

番組について、ツイッター上では「いいぞ!スッキリ」「とっても共感」という声や「この先『えー、まだマスクしてるの?』って言われないことを願いたい」「つけたい人はつければいいし、外したい人は外せばいい」「義務じゃないのになんで大騒ぎするの?」とさまざまな意見が飛び交った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加