阪神・小野寺、勝負強さ発揮!3安打

阪神・小野寺、勝負強さ発揮!3安打

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/22
No image

1回、中前へ先制適時打を放つ阪神・小野寺=鳴尾浜球場、21日(代表撮影)

阪神2軍は21日、社会人野球チームの大和高田クラブと練習試合(鳴尾浜)を行い、5―1で勝利。「3番・中堅」で出場した小野寺暖外野手(23)が先制打を含む3安打1打点と活躍した。先発のドラフト4位・村上頌樹投手(23)=東洋大=は2回2安打無失点に抑えた。

阪神・小野寺が勝負強さを発揮した。一回1死二塁で中前へはじき返し、先制打。「最低でも進塁打を、という気持ちで打ったら、インコースをうまくセンターに返せた」。三回に四球を選ぶと、五回と九回には安打を放って猛打賞。2軍選手も出場予定の25日のロッテ戦(甲子園)から始まるエキシビションマッチに向け「打つのでも守るのでも、すべてでアピールしていきたい」と気合を入れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加