ポール・ギルバート、初のクリスマス・アルバムから「Hark! The Herald Angels Sing」のMV公開

ポール・ギルバート、初のクリスマス・アルバムから「Hark! The Herald Angels Sing」のMV公開

  • Billboard JAPAN
  • 更新日:2021/10/14
No image

MR.BIG、レーサーXのギタリスト、ポール・ギルバートが、自身初となるクリスマス・アルバム『トゥワズ』の日本盤CDを2021年11月24日(配信は11月26日)に発売する。リリースに先駆け、収録曲の「Hark! The Herald Angels Sing(天には栄え)」が配信スタートし、ミュージック・ビデオも公開された。

今年6月に通算16枚目となるオリジナル・ソロ・アルバム『ウェアウルヴス・オブ・ポートランド』をリリースしたばかりのポールだが、その制作意欲は衰えることなく、今年2枚目となるアルバムが完成。全曲クリスマス楽曲で彩られたオール・インスト作品となった今作は、前述の「Hark! The Herald Angels Sing(天には栄え)」の他にも、「Rudolph the Red-Nosed Reindeer(赤鼻のトナカイ)」「We Wish You a Merry Christmas(おめでとうクリスマス)」「I Saw Three Ships(三隻の船)」「Have Yourself a Merry Little Christmas(若草の頃)」などクリスマス・ソングの定番曲から、ポール自身のオリジナル楽曲も含む全13曲(日本盤ボーナス・トラックを含む)が収録される。

今作のアイディアについてポールは「僕はナット・キング・コール、ロレッタ・リン、スティーヴィー・ワンダー、バーブラ・ストライサンド、ジョニー・マティス、エラ・フィッツジェラルド、ザ・ベンチャーズのクリスマス・アルバムにインスピレーションを受けた。インスピレーションはもちろん僕のギター・ヒーローたちからもきている。エディ・ヴァン・ヘイレン、アレックス・ライフソン、ジョニー・ウィンター、ロビン・トロワー、フランク・マリノ、パット・トラヴァース、ジミ・ヘンドリックス、そしてジミー・ペイジはほんの数例だ」と述べている。偉大なる先駆者からのインスピレーションを受け、制作されたことが垣間見える。

また自身が在住する米オレゴン州ポートランドのミュージシャンを集めてバンドを作って、レコーディングをサポートしてもらったという。この事についてポールは「バンドの皆はアレンジやパフォーマンスに極上の素晴らしい音楽を持ち寄ってくれた。僕が独りでするよりも賢い音楽的選択をするように、彼らが導いてくれたのは間違いない。そして聴けばおわかりの通り、僕のメタル・ギターの本能は今も機会があれば火を噴くんだ」と述べている。

◎リリース情報
アルバム『トゥワズ』
2021/11/24 CD RELEASE
2021/11/26 DIGITAL RELEASE
SICX-172 / 2,640円(tax incl.)
https://SonyMusicJapan.lnk.to/PG_twas

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加