瀬戸康史ら輩出のD-BOYSに“SING”を加えた男性ボーカル・ダンスユニット発掘プロジェクトが候補生を追加募集

瀬戸康史ら輩出のD-BOYSに“SING”を加えた男性ボーカル・ダンスユニット発掘プロジェクトが候補生を追加募集

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/10/14
No image

「D-BOYSオーディション」をきっかけに芸能界デビューした瀬戸康史 ※提供写真

総合エンターテインメントプロダクションの「ワタナベエンターテインメント」が立ち上げた男性ボーカル・ダンスユニット発掘プロジェクト「D-BOYS SING」が、候補生を追加募集する。

【写真を見る】オーディション管理ツール「Exam Organizer」とは

俳優、音楽、お笑いなど、エンターテインメントのオールジャンルを網羅するワタナベエンターテインメントによる「D-BOYS-SINGオーディション」は、これまで瀬戸康史、山田裕貴や志尊淳らを輩出してきたD-BOYSに、新たに“SING”という要素を加えた、歌・ダンスを中心とする男性ボーカル・ユニット発掘プロジェクト。

数多くのアーティスト、タレントの才能を見出し、育成してきたノウハウを基に一からレッスンを行い、歌・ダンスを中心としたさまざまなシーンでの活躍を目指す。

さらに、演技やパフォーマンスなど、音楽以外の新しい才能を伸ばしていくレッスンも行い、一人一人の個性に合わせたプロデュースを行っていく。

10月9日に放送された「芸能界特技王決定戦 TEPPEN2021年秋」(フジテレビ系)で、日本を代表するダンスパフォーマーが集結した戦いの中、“ダンスTEPPEN”に輝いたFISHBOYが所属するダンス集団「RADIOFISH/スキルマスター」から、メンバーのSHiNが審査、レッスンまで参加することが決定。

ほか、Little Glee MonsterのコーラスディレクションやAKB48の編曲指導、「全国ハモネプリーグ」(フジテレビ系)の音楽統括を務め、今年20周年を迎えるINSPiの吉田圭介も審査、レッスンに参加する。さらに、ワタナベエンターテインメントのマネジャー・プロデューサーも審査に参加する。

「エンターテインメントの世界で活躍したい!」という気持ちさえあればエントリーは可能。一次審査は、応募者全員面接となる。

同オーディションでは「私たちが見たいものは、あなたのスキルではなく、素質です。今あなたが伝えられる思いを、まずは私たちに届けてください。ぜひ一緒に『SING』で夢をかなえましょう! あなたの応募をお待ちしております」と呼び掛けている。

募集期間は11月9日(火)まで。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加