都心でマイナス2.9度 洗濯物カチコチ 各地でトラブル相次ぐ

都心でマイナス2.9度 洗濯物カチコチ 各地でトラブル相次ぐ

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/26
No image

動画を見る(元記事へ)

寒波の影響で都心でも25日朝はマイナス2.9度を観測しました。列島各地で今季一番の寒さとなるなか、水道管の破裂をはじめとして、私たちの身の回りの物が凍ってしまうトラブルが相次いでいます。

25日の東京・瑞穂町。朝起きると洗濯物がカチコチに。東京都心では今季の最低気温を大幅に更新するマイナス2.9℃に。東京・品川区では、午前8時半ごろに干した洗濯物が2時間半ほどして見たら凍っていたといいます。

瑞穂町の隣の青梅市の最低気温はマイナス4.9℃で今季最低。東京都心でもマイナス2.9℃と今季の最低気温を更新しました。

千葉県柏市では、ベランダの水槽が凍ってしまいました。ろ過装置で水を循環させていましたが、そのろ過装置も凍ったのでした。でも、氷の下の金魚たちは元気です。

金魚の飼い主:「(水槽の)上に毛布を掛けて凍りにくいように対策はしていたが、風が強くなってしまい、夜中に毛布がはぎとられてしまった」

飼い主は水をかけて氷をとかしてあげたそうです。

ジャバジャバと路上にあふれる水。最低気温マイナス4.2℃となった広島市では水道管が破裂しました。

視聴者:「水がめっちゃ漏れています」

長崎県長与町でも水道管が破裂するなど、各地で凍結によるトラブルが起きたのです。

視聴者:「水バンバン出ている。うわーすごい!」

最低気温マイナス8.1℃を記録した石川県輪島市。街では、意外なトラブルが起こっていました。こちらの信号は、押しボタン式で押さないと青にならないんですが、凍ってしまって、常時スイッチがオンになっているようです。誰もいなくても、歩行者側の信号は青に。

そして、スタッフが朝の取材を終えて自宅に戻るとハプニングが。困ったことに鍵穴の奥が凍ってしまって、鍵が開かなくなってしまいました。寒さで鍵穴が凍ってしまったのです。何度か力任せに鍵を差したところ、何とか開きました。

ところが、家に入ってもハプニングが続きます。玄関先のメダカのかめが凍らないように家の中に入れてるんですが、凍ってしまいました。

猛威を振るう10年に一度の強烈な寒波。26日にかけては北陸から北日本を中止に大雪となる見込みです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加