ハフェルツ、トゥヘル前監督の解任に驚き「1年半で勝ち取ったものを考えると...」

ハフェルツ、トゥヘル前監督の解任に驚き「1年半で勝ち取ったものを考えると...」

  • サッカーキング
  • 更新日:2022/09/23
No image

チェルシーに所属するハフェルツ [写真]=Getty Images

チェルシーに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツが、トーマス・トゥヘル監督の解任に驚いたことを認めた。22日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

新オーナーが就任したチェルシーは今夏の移籍市場で大型補強を敢行したものの、今シーズンのスタートダッシュに失敗。プレミアリーグでは6試合終了時点で3勝1分け2敗と安定せず。さらにはチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節でディナモ・ザグレブに敗れると、同試合の翌日にチェルシーはトゥヘル監督を解任し、ブライトンからグレアム・ポッター監督を招へいした。

トゥヘル前監督の解任についてチェルシーの共同オーナーを務めるトッド・ベーリー会長は「将来のビジョンを共有できていなかった」と試合結果のみが要因ではないことを明かしていたものの、昨季までチェルシーでプレーしていた同胞のDFアントニオ・リュディガーは「彼は新しい選手を連れてくることが許されたが、わずか数試合で解任されてしまった。その早さに僕は驚いた」と解任が早すぎると語っていた。

指揮官交代について聞かれたハフェルツはドイツ紙『キッカー』で「僕も驚いたよ。特にこの1年半のプレーと、僕たちが勝ち取ったことを考えるとね」とリュディガーの発言に同意しつつ、次のように続けた。

「現在の順位表では6位につけているし、シーズンのスタートがうまくいかなかったとは言うことはできない。特に順応しなければならない新加入選手たちがたくさんいたしね。でも、フットボールの世界は非常に動きが早い。だから、いつでも多くのことが起きる可能性がある」

また、就任したポッター新監督についてハフェルツは「新しい監督はとてもいい印象を与えてくれた。僕たちは素晴らしいチームだ。いい時間を過ごしていると思う」と好印象を抱いていることを明かした。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加