バドーサ、カサキナらがベスト4に進出 [シリコンバレー・クラシック]

バドーサ、カサキナらがベスト4に進出 [シリコンバレー・クラシック]

  • テニスマガジンONLINE
  • 更新日:2022/08/06
No image

WTAツアー公式戦の「ムバダラ・シリコンバレー・クラシック」(WTA500/アメリカ・カリフォルニア州サンノゼ/8月1~7日/賞金総額75万7900ドル/ハードコート)の女子シングルス準々決勝が行われ、ベスト4の顔ぶれが出揃った。

第2シードのパウラ・バドーサ(スペイン)が第6シードのコリ・ガウフ(アメリカ)を7-6(4) 6-2で退け、第7シードのダリア・カサキナ(ロシア)が第4シードのアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)に4-6 7-5 6-0で逆転勝利をおさめ、第9シードのベロニカ・クデルメトワ(ロシア)が第3シードのオンス・ジャバー(チュニジア)を7-6(5) 6-2で倒し、シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)はアマンダ・アニシモワ(アメリカ)との地元勢対決を6-4 6-4で制して勝ち上がった。

準決勝ではバドーサがカサキナと、クデルメトワはロジャーズと対戦する。

--{ムバダラ・シリコンバレー・クラシックで4強入りを決めたバドーサ選手}--

Hang tough 💪 @paulabadosa is into her fourth semifinal of the year! #MubadalaSVC pic.twitter.com/IHPU2RzRcD
— wta (@WTA)
August 6, 2022
from Twitter

テニスマガジン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加