振るだけ!たるみ顔や疲れ目を軽減する「首」のこりリセットストレッチ

振るだけ!たるみ顔や疲れ目を軽減する「首」のこりリセットストレッチ

  • 美的.com
  • 更新日:2022/05/14

鏡を見て、以前よりも首が短くなった気がしたら要注意。首が前に出て、背中は丸まる「亀化」現象が起こっているかも。放っておくと顔のたるみなど他の部分にも影響が。いますぐ首をケアする超簡単ストレッチを取り入れて、脱・亀さん化を目指して!

振るだけ!首のこりリセットストレッチ

胸骨舌骨筋群をほぐして、たるみや目の疲れもセーブ

「首のこりを感じたら、前傾姿勢になると固くなる、首の前側にある“胸骨舌骨筋”をほぐすストレッチを。リンパの流れが良好になり、フェースラインのたるみや顔の血色、目の疲れまでもを軽減してくれるはず!」(村木宏衣さん)

この悩みにおすすめ

Check

フェースラインのたるみ

背中が丸まっている

くすみ

首が前に出ている

STEP1|首に手を置く

FRONT

\親指は中央から1cm外のくぼみに/

No image

BACK

\親指以外は首の後ろに添えて/

No image

利き手側の首に手を添え、首の前の中央から1cm程外側にある、鎖骨の上のくぼみに親指を当てる。残りの4本指は首の後ろに持っていき、そっと添えるように手を当てる。

STEP2|あごを上げ、こりを見つけたら首を振る

各所10秒ずつ

No image

1の状態のまま、あごを上げて、筋肉の引っかかりを感じた部分で止めて、首を縦と横に10秒ずつ小さく振る。終わったらあご上げを再開して、引っかかりを感じた部分はその都度首を振る。

STEP3|親指をずらしながらこりをほぐす

No image

親指を上にずらしながら、首の横振りと縦振りを各10秒ずつ行う。親指に力を入れすぎず、首は2同様に小さく振ることが大切。利き手側が終わったら、逆の手に替え、1→3の工程を行う。

\このラインをほぐす!/

No image

\あら、さっきより首が長く感じるわ♪/

No image

\教えてくれたのは/

No image

エイジングデザイナー

村木宏衣さん

エステ・整体院・美容医療クリニックでの勤務を経て確立した、「村木式整筋」メソッドが大人気。最新著書は『10秒で疲れがとれる 奇跡の目元ほぐし』(主婦の友社)

『美的』2022年6月号掲載
撮影/深山徳幸 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) スタイリスト/河野素子 モデル/朝香りほ イラスト/green_k 構成/むらなかさちこ

美的.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加